book
[文学会議] 源さんのよみつい
1件中 1-1件を表示

[文学会議:セサル アイラ]読了。変だ…。表題作は夫婦岩の話から始まって最後は王蟲が風の谷に突進(自分の頭に浮かんでた映像)みたいな、話があらぬ方向へ展開するので一瞬戸惑うのだけど筋は追えるし、それにクスッと笑えたりもする。もう一遍の「試練」はタランティーノ作品みたいなイメージ。