book
[犯罪小説集 愛蔵版] 源さんのよみつい
1件中 1-1件を表示

[犯罪小説集 愛蔵版:吉田 修一]読了。短編集。中でも印象的だったのが「万屋善次郎」。犯人が死刑判決を受けた実際の事件の異様さは言わずもがな、限界集落で起きた(が起こした?)凶行という事に多分、山村や集落という環境が自分とは地続きで無いと考えているから惹かれてしまうのだろうか…?