bao(@tanntyosu)

関西

小4のおてんば娘と戯れながら、社労士目指して勉強中。4回目も惨敗で、もはやライフワークと化す。金無い、時間無い、根性無い。普段は何となく総務系。衛生管理者(2種)、販売士2級、メンタルヘルスマネジメント2種。年アド3級。スタプラも同名で継続中。よろしくお願いします。

bao
baoさんのよみつい
42件中 1-20件を表示
no-image

[]

[世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?:戸塚隆将]
「だからお前はいつまでたってもダメなんだ」って指さして言われたような読後感・・・。盗めるところは盗む!!

この本の評価
no-image

[]

[なるほど! 合格勉強術:宇都出 雅巳]
またこんなん読んでからに(^^;)でも自分の「姿勢」を見直すにはちょうどよかったかな。「50の言葉」を壁に貼った・・・。

この本の評価
no-image

[]

[社内失業 企業に捨てられた正社員:増田 不三雄]
土壌は弊社にも十分ある(^^;)黄色信号を感じなければ・・・。

この本の評価
no-image

[]

[メモと記録だけでストレスフリーな毎日を続ける仕事術 マニュアル通りじゃないから続けられるタスク管理のコツ26箇条:とゆ]

この本の評価
no-image

[]

[最短ルートで最大の成果を残す「5つの習慣」:知的アップロード組合]ぬるま湯的な業務環境に甘えてないか?甘えてるね。完全に甘えてる。会社全体が、、、親会社のおもちゃみたくなってる。ダメな環境だ。

この本の評価
no-image

[]

[いきなり!成果が出る 能率10倍の勉強法:高島徹治]

この本の評価
no-image

[]

[なぜか評価されないあなたへ 心に刺さる耳の痛い話:小笹芳央]

no-image

[]

[疾風ロンド:東野 圭吾]2時間ドラマ向きで、サクサク読み進められた。どんでん返しといえばそうだけど、もうちょっとヒネってあっても付いていけたかも。ラストは「ほほ~そう来ましたか。アリっちゃぁアリだね」って感じでした。

この本の評価
no-image

[]

[フェイク:楡 周平]後半のドキドキ感は良かったけど、ラストがちょっとなぁ。まぁでもなかなか面白かった。2時間ドラマでやった欲しいストーリー。

この本の評価
no-image

[]

[大人の発達障害―アスペルガー症候群、AD/HD、自閉症が楽になる本:備瀬 哲弘]

この本の評価
no-image

[]

[30代で人生を逆転させる1日30分勉強法:石川和男]
一応30代(後半)まだ間に合うかな・・・。

no-image

[]

[シャイロックの子供たち:池井戸 潤]
『結末はあなたのご想像にお任せします』的は終わり方はあんまり好きじゃないけど、この「マルチサイト」感?は嫌いじゃない。

no-image

[]

[ロスジェネの逆襲:池井戸 潤]確実に「劇場版」か「2時間スペシャル」ぐらいにはなるスケール。スピード感もあるし。久々に読みごたえのある3部作。あっという間だったナ。

この本の評価
no-image

[]

[社労士試験 非常識合格法:北村庄吾]テキストと過去問のリンクのさせ方や模試や答練の使い方なんかを再考しないと。来年こそはこの生活とオサラバだ。

この本の評価
no-image

[]

[オレたち花のバブル組:池井戸 潤]
あっという間に読み終えて、読後はスッキリ。続きも早く読みたい・・・。しかし半沢の上司連中って、皆弊社のどっかに居る連中ばっか。保身や点数稼ぎに夢中。ちょっとは客の方見ろよ・・・。俺には「点数」自体が無いからなぁ(笑)ゼロにナニ掛けてもゼロ。

この本の評価
no-image

[]

[オレたちバブル入行組:池井戸 潤]
ドラマを思い出しながら読んでいく読み方は初めてだったけど、ドラマが面白けりゃたまにはいいもんだ。まぁしかし、銀行ってすごいトコロなんだな・・・。

この本の評価
no-image

[]

[合格(ウカ)る技術:宇都出雅巳]だいぶ前に買ったもののようやく読了(^-^; とてつもなく即効性のある、いわゆる「裏ワザ」が書いてある訳じゃなかった(当たり前か・・・)けど、実践出来そうでしてなかった事って結構あったな。自分がいかに「漫然と」勉強してたかってこった・・・。

この本の評価
no-image

[]

[真夏の方程式:東野 圭吾]「容疑者Xの献身」 に続き、今回の湯川先生も学者というより、人間・湯川学だったかな。これだけ悲しい要素が重なっても最後は何となく清々しさをおぼえるのは、湯川の特有のキャラの所為か?うん、面白かった。映画?どーだかねー・・・(笑)

この本の評価
no-image

[]

[年金の基礎知識:服部 営造]とにかくすんごいボリューム。「基礎知識」とはいえ、かなりコアな内容(旧法)(^^;)2回目は勉強の合間に試験に関連するところを中心に読んでいこう。しかしまぁ、こんな複雑な仕組みを作った人の頭ん中ってどんな構造になってんだろ・・・。

この本の評価
no-image

[]

[藁の楯:木内 一裕]面白かった!!あっという間に読み切ってしまった。映画版はどうか・・・。行くか?やめとく?

この本の評価