たかやん@まだまだな歌唄い(@takayannk)

\鹿沼 高崎/

いつでもどこでも唄い始める大学生!goosehouseに憧れて音楽を模索中ww 歌えればええねん(´`) /goosehouse/tetra+/音楽ぜんぶ-アニメ/野球/服/テニスがすき。読書が趣味でYomiTwiに感想upしてます! 音楽が好きな方やハウスメイトの方、趣味が合いそうな方相互フォローしましょ(^O^)

http://twpf.jp/takayannk

たかやん@まだまだな歌唄い
たかやん@まだまだな歌唄いさんのよみつい
10件中 1-10件を表示

マボロシの鳥 [単行本]

太田 光

新潮社 2010-10-29

この本のよみつい この本のamazon

[マボロシの鳥:太田 光]太田作品2作目です!まだ読み始めたばかり。人は臆病になってしまうと本当は簡単なことがとても難しいことに感じてしまう。

あたし、ちょっとマシーン [単行本(ソフトカバー)]

清瀬マオ

徳間書店 2012-01-18

この本のよみつい この本のamazon

[あたし、ちょっとマシーン:清瀬マオ]ひとの気持ちは愛情が大きければ大きいほど、それが反転した時に同じだけの憎しみになってしまうのだろうか。

この本の評価

あたし、ちょっとマシーン [単行本(ソフトカバー)]

清瀬マオ

徳間書店 2012-01-18

この本のよみつい この本のamazon

[あたし、ちょっとマシーン:清瀬マオ]小田急足柄線という映画の東京豚女と似ている気がします。

この本の評価

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣 [単行本(ソフトカバー)]

長谷部誠

幻冬舎 2011-03-17

この本のよみつい この本のamazon

[心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣:長谷部誠]チーム内の潤滑油になること。目立つこと。目立ちたがりの自分は、そういう立場になることがどうしても苦手で、自分の良さを消してしまうのでは?と感じてしまいます。長谷部さんのような本当の意味で大人だなと感じま
す。

この本の評価

松岡修造の人生を強く生きる83の言葉 [単行本(ソフトカバー)]

松岡 修造

アスコム 2011-07-07

この本のよみつい この本のamazon

[松岡修造の人生を強く生きる83の言葉:松岡 修造]名前の通り、松岡修造さんの語録です。トップアスリートであり、応援団長としても知られる彼の言葉は、どんな読書をも奮い立てるでしょう!

この本の評価

あたし、ちょっとマシーン [単行本(ソフトカバー)]

清瀬マオ

徳間書店 2012-01-18

この本のよみつい この本のamazon

[あたし、ちょっとマシーン:清瀬マオ]R-18文学ということで初めは抵抗がありました。内容も風俗嬢を主人公にしたもので、私が手に取ることはないかと思いましたが、主人公、ももかの恋人、友人、世間への葛藤を描いた物語は爽快なもので、物語にグッと引き込まれてしまいます。

この本の評価

文明の子 [単行本]

太田 光

ダイヤモンド社 2012-01-20

この本のよみつい この本のamazon

[文明の子:太田 光]過言から現在、未来にも及ぶ超大作!テーマは光、あなたもこの本を手に取った瞬間、太田ワールドに引き込まれること間違いなし!解釈は人それぞれできるので是非皆さんにも読んでいただきたい!未来は私たちが想像することで創り出されていくんだ。

この本の評価

くちびるに歌を [単行本]

中田 永一

小学館 2011-11-01

この本のよみつい この本のamazon

[くちびるに歌を:中田 永一]中学生らしい描写が目立ちます。合唱コンクールといえばお馴染みの男女の喧嘩、自分はもう二度と味わえない甘酸っぱい恋の描写など大人も楽しめる作品です。15年後の自分へ手紙を作中で書くシーンがあるので、同じ年頃の皆さんは是非読んで手紙を書いてください。

この本の評価

もものかんづめ [文庫]

さくら ももこ

集英社 2001-03-16

この本のよみつい この本のamazon

[もものかんづめ:さくら ももこ]短編集なので、読書できる時間が短い人にもオススメです。この本は、とにかく笑えます!さくらももこさんの滑稽でセンス溢れる言い回しに抱腹絶倒です。読書したいけど、すぐに飽きてしまうかも、という人にオススメです。

この本の評価

明日につづくリズム [ムック]

八束澄子

ポプラ社 2011-11-02

この本のよみつい この本のamazon

[明日につづくリズム:八束澄子]因島出身の女の子の物語。同郷のスター、ポルノグラフィティが大好きであり、作中にポルノグラフィティの歌詞が出てきます。何かを失えば、必ず何かを得る。という母、ノブ子の言葉は今の日本にとって、私にとってとても心に響くいい言葉です。

この本の評価