たっく
たっくさんのよみつい
164件中 1-20件を表示

大日本サムライガール 6 [単行本(ソフトカバー)]

至道 流星

講談社 2013-07-17

この本のよみつい この本のamazon

[大日本サムライガール 6:至道 流星]この作者の作品の特徴とも言えるけど、序盤の政治がらみの話しの時は「あー、またこの方向が続くならつらいかも」と思ったけど、中盤から軌道修正がかかって、普通に面白かった。しかしまたひょんなところからアイドルが生まれたな。

キアズマ [単行本]

近藤 史恵

新潮社 2013-04

この本のよみつい この本のamazon

[キアズマ:近藤 史恵]ちょっとしたトラブルから大学自転車部に入ることになった主人公。過去の出来事や部活の人間関係における様々な葛藤を抱えつつも自転車の魅力に目覚めていき・・・。「サクリファイス」シリーズとはまた違った感じの青春小説。ロードバイク(レース)の入門書的にもなるかな。

大日本サムライガール 5 [単行本(ソフトカバー)]

至道 流星

講談社 2013-04-16

この本のよみつい この本のamazon

[大日本サムライガール 5:至道 流星]相変わらず「政治・経済・芸能ネタ」の絡ませかたが絶妙です。これで主要人物は揃ったのかなー。しかし皆スーパー過ぎませんか(笑)(1人可哀想な扱いだけど)。最後の引きからいえば次巻からは本筋が急展開しそうだし、特に壮司の動きに注目しつつ待機。

タナボタ! [単行本]

高嶋 哲夫

幻冬舎 2010-07-01

この本のよみつい この本のamazon

[タナボタ!:高嶋 哲夫]直前までプーの人生を送ってきた27歳の主人公が、「タナボタ」で国会議員となり、議員立法の成立を目指していく。これを読むと「0増5減」なんて全然甘いし、何より税金払いたくなくなります・・・。逆に言えばなんと美味しい国会議員、世襲も無くならないはずだ。

かもめ達のホテル [文庫]

喜多嶋 隆

角川書店(角川グループパブリッシング) 2013-03-23

この本のよみつい この本のamazon

[かもめ達のホテル:喜多嶋 隆]とある葉山のホテルを舞台にした、若い女性オーナーと訪れる人達との人生模様。いつも通りの設定」と言ってしまえばそれまでだけど、今までの作品と比較してより「大人の転機」を意識して書かれた感じが伝わってきた。

碧空(あおぞら)のカノン 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート [単行本(ソフトカバー)]

福田 和代

光文社 2013-02-16

この本のよみつい この本のamazon

[碧空のカノン 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート:福田 和代]日常系ミステリーと呼んでいい作品だとは思うけど、ミステリー要素は弱く、登場人物のキャラクター性を楽しむ作品かな。「主人公」の成長物としてもちょっと弱い。巻末の特別篇も含めて、自衛隊音楽隊の仕組みを垣間見るには適した作品。

王妃の帰還 [単行本]

柚木 麻子

実業之日本社 2013-01-19

この本のよみつい この本のamazon

[王妃の帰還:柚木 麻子]「範子」だったらあだ名は「ノリスケ」じゃなくて、「のりっぺ」だよねー。なんでサザエさんのオジさんみたいなあだ名なんだw。何か狙いがあるのかなー。あ、今の10代だと「のりっぺ」じゃなくて、「のりりん」かもしれないな。(全然読書感想ではないことをつぶやく)

大日本サムライガール 4 [単行本(ソフトカバー)]

至道 流星

講談社 2013-01-16

この本のよみつい この本のamazon

[大日本サムライガール 4:至道 流星]いやいやホント勉強になります。新キャラとして出してきたのは左翼系アイドル、そして大阪出身。これをキッカケに今後は政治的要素の割合が増えて、本筋にせまっていくのかな。(そろそろキャラは打ち止めのしないと千歳が不憫すぎる・・・。)

アニメ! リアルvs.ドリーム [新書]

岡田 浩行

岩波書店 2013-01-23

この本のよみつい この本のamazon

[アニメ! リアルvs.ドリーム:岡田 浩行]マッドハウスの社長とその部下が対談形式でアニメ業界の現状から製作過程の裏側までを紹介している。ジュニア新書なのでやさしい語り口だけど、割りと端的に業界の状況を表現していて、大人の入門書としても十分楽しめた。

神去なあなあ夜話 [単行本]

三浦 しをん

徳間書店 2012-11-28

この本のよみつい この本のamazon

[神去なあなあ夜話:三浦 しをん]今回は「夜話」というタイトル通り、ちょいとアダルティな雰囲気。でも村に伝わる伝説的なものは現実でもアダルトな由来が多いわけで。もにょもにょゆるりとしながらも楽しく読めた。

噂の女 [単行本]

奥田 英朗

新潮社 2012-11

この本のよみつい この本のamazon

[噂の女:奥田 英朗]とある地方都市で起こる「1人の女性の生き様」をテーマにした連作短編集。一言いえば「怖い」。その「怖さ」は事件本筋よりも、閉塞感のある地方の暮らしや背景のドロドロ感に特に感じられる。読後感のよい作品ではないが、著者の相変わらずの女性描写には圧倒させられた。

旅猫リポート [単行本]

有川 浩

文藝春秋 2012-11-01

この本のよみつい この本のamazon

[旅猫リポート:有川 浩]とある理由で飼うことが出来なくなった愛猫ナナを預けることにしたサトル。学生時代の友人を訪ねていくが・・・。あーダメだ。動物物でこの話しだと涙腺が緩まざるをえない。もししばらく会っていない友人がいたら、読了後には必ず会いたくなる作品でもあります。

友達からお願いします。 [文庫]

清水マリコ

メディアファクトリー 2012-11-21

この本のよみつい この本のamazon

[友達からお願いします。:清水マリコ]互いに心を閉ざしながら学校生活を送る「木蓮」と「楓」の物語。MF文庫Jだし、イラストももろラノベだけど、中味は正統派青春小説。トンデモ展開もなく、逆にそれが新鮮に感じ。ただ登場人物も固まった次巻からはラブコメに行きそうな気がしないでもない・・

歴史と小説 [文庫]

司馬 遼太郎

集英社 2006-12-15

この本のよみつい この本のamazon

[歴史と小説:司馬 遼太郎]歴史短編エッセイ集。「軍神・西住戦車長」を目当てに読んでみたけど、当然のことながら他の話も興味深く読めた。現在の港区「青山」の地名の由来もそうだし、何より司馬氏自信が兵役時に戦車小隊長だったとは。

NASAより宇宙に近い町工場 [単行本(ソフトカバー)]

植松 努

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2009-11-05

この本のよみつい この本のamazon

[NASAより宇宙に近い町工場:植松 努]タイトルからドキュメンタリーかなと思っていたけど、自己啓発本に近い感じ。ひとつピンときたフレーズは「自信がない人は「評論」をして他人の自信を奪う」。SNS全盛の昨今、気をつけなければならない言葉。何かしら行き詰まった時に再読しようかな。

真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生 [文庫]

大沼 紀子

ポプラ社 2012-12-05

この本のよみつい この本のamazon

[真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生:大沼紀子]人気シリーズの第3巻。
話は違えど、基本的にこの作品の根幹に流れているのは「親子の愛」なんでしょうかねー。
いよいよ次巻で決着がつきそうなのが楽しみな反面、終わりが近づいている感じが寂しくもあり。 #yomitwi

かもめ高校バドミントン部の混乱 [文庫]

朽葉屋 周太郎

アスキーメディアワークス 2012-09-25

この本のよみつい この本のamazon

[かもめ高校バドミントン部の混乱:朽葉屋 周太郎]王道スポ根物。学生時代の運動部ってこんな感じだったなと思い出す。小説といっても特別なことが起こらないのがまたリアルでよかった。バドはちょっと経験があるので、状況描写が手に取るように理解出来たのも自分に向いていたかも知れない。

サッカーの神様をさがして [単行本]

はらだ みずき

角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-06-01

この本のよみつい この本のamazon

[サッカーの神様をさがして:はらだ みずき]40代半ばにしてサッカーフリーライターに転身した春彦。うまくは進まない仕事の中で、高校時代の回想をブログで連載を始める・・・。中味は対立あり、恋愛ありの王道な高校部活小説。最後に現れなかった「彼」は果たして「神様」だったのか・・・。

本屋さんがくれた奇跡 [単行本]

イースト・プレス 2010-10-29

この本のよみつい この本のamazon

[本屋さんがくれた奇跡]実在する話を元に、「ヒゲの店長」がその時におかれた「状況」にピッタリの本をオススメしてくれる。その本を元にして、それぞれが人生を見つめ直していく短篇集。紹介されているなかでは、山本一力 「だいこん」と植松努「NASAより宇宙に近い町工場」が読んでみたいな。

追い風ライダー [単行本]

米津一成

徳間書店 2012-11-13

この本のよみつい この本のamazon

[追い風ライダー:米津一成]自転車をきっかけにした人々の繋がりを爽やかに描いた連作短編集。自転車乗りにこんないい出会いなかなかないよなーとか思いつつもニヤニヤしながら読了。これ読んだら別の意味で自転車ブームくるかも(笑)。自分がネコ好きということも含めて楽しく読めました。