「米澤 穂信」の検索結果
166件中 1-20件を表示

米澤穂信と古典部 [単行本]

米澤 穂信

KADOKAWA 2017-10-13

この本のよみつい この本のamazon

この本のよみついはまだありません。

満願 [文庫]

米澤 穂信

新潮社 2017-07-28

この本のよみつい この本のamazon

[満願:米澤 穂信]好きな作家。はずれのない短編集は久しぶりです。読後感はしんみりというか、どの作品もほんのりと薄暗いです。「死人宿」がお気に入り。「万灯」は主人公を好きになれず、ちょっと読むのが苦痛でしたがオチでやられた!と思いました。

さわわ(@sawawa9)
この本の評価
この人のよみつい

いまさら翼といわれても [単行本]

米澤 穂信

KADOKAWA 2016-11-30

この本のよみつい この本のamazon

この本のよみついはまだありません。

儚い羊たちの祝宴 [文庫]

米澤 穂信

新潮社 2011-06-26

この本のよみつい この本のamazon

[儚い羊たちの祝宴:米澤 穂信]短編5編を「バベルの会」という読書サークルがつないでる。ちょっぴりゾクッてするのがおもしろかったです。「玉野五十鈴の誉れ」が1番好き。ご飯を炊く「はじめちょろちょろ~」の歌がこれからこわくなっちゃうかも・・・。

eco(@bambi_eco) この人のよみつい

真実の10メートル手前 [文庫]

米澤 穂信

東京創元社 2018-03-22

この本のよみつい この本のamazon

この本のよみついはまだありません。

インシテミル [文庫]

米澤 穂信

文藝春秋 2010-06-10

この本のよみつい この本のamazon

[インシテミル] 所謂ソリッド・シチュエーションものかな。論理の展開に引き込まれる。この展開のための設計という印象は否めないけど、それを差し引いても面白い。読み終わるのが勿体ないと思った一冊。

リョウコ(@ryo_ca)
この本の評価
この人のよみつい

氷菓 [文庫]

米澤 穂信

KADOKAWA 2001-10-28

この本のよみつい この本のamazon

[氷菓:米澤 穂信]アニメで見たことをまるで忘れてて、非常に楽しく読めた。おもしろかった。伊原もサトシも印象が変わったけど、いい方向だった。

rur(@badmorning21)
この本の評価
この人のよみつい

さよなら妖精 [文庫]

米澤 穂信

東京創元社 2006-06-10

この本のよみつい この本のamazon

[さよなら妖精] なんと言ったらいいのか…非常にデリケートなミステリ。物理的事象ではなく、思考の謎解きというか。周囲に高校生がいたら勧めたい。ところで名前の由来について、下はともかく名字まで、みんなよく知ってるなあ(笑)

リョウコ(@ryo_ca)
この本の評価
この人のよみつい

追想五断章 [文庫]

米澤 穂信

集英社 2012-04-20

この本のよみつい この本のamazon

この本のよみついはまだありません。

ふたりの距離の概算 [文庫]

米澤 穂信

角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-06-22

この本のよみつい この本のamazon

[ふたりの距離の概算:米澤 穂信]倒述式というか最初に退部という結論があってそれに至る経過をマラソン大会の流れに乗せて思い出すという形式。死のロングウォークというよりサマー/タイム/トラベラーだなーと思いつつ読了。小説で読んだのはこれが初めてだけどキャラの印象がアニメと違った…

rur(@badmorning21)
この本の評価
この人のよみつい

遠まわりする雛 [文庫]

米澤 穂信

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-07-24

この本のよみつい この本のamazon

[遠まわりする雛:米澤 穂信]このシリーズの人間関係のそこそこの温度が結構好き。バレンタインの話が良かった。酷くない程度に甘く酷い話。よかったよかった。表題作だけまだアニメ見てないので読みたいけど涙目で我慢する! 映像見たあとで文章読むほうが圧倒的に好き! 逆だと粗しか見えない。

rur(@badmorning21)
この本の評価
この人のよみつい

ボトルネック [文庫]

米澤 穂信

新潮社 2009-09-29

この本のよみつい この本のamazon

[ボトルネック:米澤 穂信]一度は想像するであろう、『自分のいない別世界』その想像が現実になって、自分の世界が完全劣化だったと気付いたらどうなるか。考えさせられる作品。

みつばち(@hazamabotan)
この本の評価
この人のよみつい

折れた竜骨 上 [文庫]

米澤 穂信

東京創元社 2013-07-12

この本のよみつい この本のamazon

この本のよみついはまだありません。

王とサーカス [単行本]

米澤 穂信

東京創元社 2015-07-29

この本のよみつい この本のamazon

この本のよみついはまだありません。

満願 [単行本]

米澤 穂信

新潮社 2014-03-20

この本のよみつい この本のamazon

[満願:米澤 穂信]読了。短編集。読み易すい。オチまでの展開も破綻無く非常に分かり易くてさらっと読めちゃう。1作品を除いては直ぐにでもそのままテレビドラマ化可能な(しそうな)感じ…脚色が簡単そう。自分の仕事と縁浅からぬ「万灯」と、最初はオカルトか?と思った「関守」が面白かった

源(@wu_st) この人のよみつい

リカーシブル [文庫]

米澤 穂信

新潮社 2015-06-26

この本のよみつい この本のamazon

この本のよみついはまだありません。

氷菓 (11) [コミック]

タスクオーナ

KADOKAWA 2017-10-26

この本のよみつい この本のamazon

この本のよみついはまだありません。

愚者のエンドロール [文庫]

米澤 穂信

角川書店(角川グループパブリッシング) 2002-07-31

この本のよみつい この本のamazon

[愚者のエンドロール:米澤 穂信] 『氷菓』が感情に訴える話であれば、こちらは物理的な推理を繰り返し考察していく。その根幹に人の思惑が垣間見え、また奉太郎に変化が訪れそうになるそんな気配で終わって小気味良い。

みつばち(@hazamabotan)
この本の評価
この人のよみつい

いまさら翼といわれても【電子特典付き】 「古典部」シリーズ [Kindle版]

米澤 穂信

KADOKAWA / 角川書店 2016-11-30

この本のよみつい この本のamazon

この本のよみついはまだありません。

米澤穂信と古典部 「古典部」シリーズ [Kindle版]

米澤 穂信

KADOKAWA / 角川書店 2017-10-13

この本のよみつい この本のamazon

この本のよみついはまだありません。