想紫苑(オモワレ シオン)(@omoikurenai)

千葉県 現実と空想の狭間

小説は図書館で借りたり、コミックはコミックレンタルを利用することも多いため、自分の読んできた本の記録に、2013年より使用中。

http://t.co/QhlyF5dpXI

想紫苑(オモワレ シオン)
想紫苑(オモワレ シオン)さんのよみつい
106件中 1-20件を表示
no-image

[]

[メイちゃんの執事DX 2:宮城 理子]DXになってから話に起伏がなくなったと感じます。キャラが多く、既に設定も出来上がっているせいか、話が変わり映えしない。リカの定例舞踏会登場シーンはおばさんにしか見えず…。
私はこの作品を卒業する時期のようです。

この本の評価
no-image

[]

[百千さん家のあやかし王子 (6):硝音 あや]其の二十のラストの絵が気になります。アレは囚われているということ?
ほかにも、鏡の幻はどこまで?葵が失っているものは? 火車はいい奴?(笑)という疑問や引っ掛かりを残して、続いてしまいました( ¯•ω•¯ )

この本の評価
no-image

[]

[ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~:三上 延]冒頭の怪我で入院しているシーンを見ていたから、第3章は緊張して読みました。犯人は母かと思ってた…。母の不気味さはどこまで行っても揺るがない。登場人物たちが次々と縁で繋がっていく、そこも少し不気味です…

この本の評価
no-image

[]

[メイちゃんの執事DX 1:宮城 理子]作者さんはこの作品描くの飽きてやめたのかと…勝手に思っていたら、DXっていうのが出てまして買ってきました。理人とメイのやりとりが好きなもので(^O^) この先また波乱がありそうですが、主役の座は風前アカリに取って代わられるのかな…?

この本の評価
no-image

[]

[水玉ハニーボーイ 1:池ジュン子]大好きな作品のため、書店のペーパー付きを見つけて購入。藤くんのような彼が欲しいものです(*^^*) 仙石さんがだんだんと恋愛に目覚めていく様子が楽しく、藤くんがたまに見せる男らしさもいい!

この本の評価
no-image

[]

[姉の結婚 8:西 炯子]ちょっとエンディングを急いだ感がある。花井さんの嫌な女エピソードは邪魔だったな…個人的に。ヨリを悩ませないで欲しかった。真木がどこまでもヨリ一筋で、そこが全くブレなくて、「姉の結婚」に至る感じはとても良かった(しかし結婚って難しい)。ヨリ、幸せにな~れ!

この本の評価
no-image

[]

[百千さん家のあやかし王子 (5):硝音 あや]3つ目の書店で見つけて購入。龍の話は特に好き。お仕置きで管狐にグルグルにされてる絵も好き。だけど火車はやっぱりキ・ラ・イ!

この本の評価
no-image

[]

[恋だの愛だの 8:辻田りり子]かのたん本人は無自覚だけど恋愛に関わるようになってきたし、椿くんは恋愛感情にストレートに振り回されてて微笑ましいぐらいだし、さゆりちゃんはだんだん取っ付き易い人になってきたし、葉ちゃんも静かに変化していってるし…これは面白い( ̄ー ̄)ニヤリ

この本の評価
no-image

[]

[狼陛下の花嫁 11:可歌まと]楽しく笑えるばかりの路線だった狼陛下も、切ない路線になっていくこの巻。
あんまり結末まで考えたことなかったけど、この二人でないと、ダメだと思うなぁ。

この本の評価
no-image

[]

[夏目友人帳 18:緑川 ゆき]二匹の龍が出てくる話が好き。妖の方がよほど人より情に厚いんだ。
名取の夏目の守り方は、いつか夏目を傷つけそうだけど、優しさからのことだとわかるから、見守りたい、そう思わせられる。
夏目に似た男とは…誰なんだろう。

この本の評価
no-image

[]

[明治緋色綺譚(4):リカチ]
兄の登場が不穏です。
鈴ちゃん、探偵になれるね。その年でたくさんの人を見過ぎたのかな…その観察力…見ていて少しだけさびしいかもしれないね。

この本の評価
no-image

[]

[明治緋色綺譚(3):リカチ]裏切りの話は、あまり楽しくはないけれど…兄の頭の中も、不気味でこわいけれど…津軽がいるから、大丈夫かなって思える。
最初の話で鈴ちゃんが、お嬢様の気持ちを代弁して男の人にハッパかけるの、すごくいい、好きだなぁ。

この本の評価
no-image

[]

[明治緋色綺譚(2):リカチ]「恋ぞつもりて淵となりぬる」の言葉が引っかかる、恋のお話…?(*^^)
鈴の姉への気持ちも、姉の生きていく道も、キツくて切なかった。

この本の評価
no-image

[]

[明治緋色綺譚(1):リカチ]ネットの立ち読みをしていて、気になる話だと想っていた作品。中古コミックで1~4巻まで見つけて購入。
この二人の行方を見守りたくて、気になってしまう作品です

この本の評価
no-image

[]

[愛蔵版 蛍火の杜へ:緑川ゆき]ネットの友達より、アニメが凄くいいと聞いていたけど、目に入ったのが中古コミックだったのでそれを購入。ギンは夏目に似ているね。消えてしまったところがたまらなく寂しくて、これを夏目のスタッフが作れば、泣くのは間違いないのが容易に想像できます(TдT)

この本の評価
no-image

[]

[百千さん家のあやかし王子 (4):硝音 あや]
記憶をなくした友を見るのは、ツライだろうね。
…しかし、管狐が可愛いっ!
そして、火車は何者なんだ…何がしたいんだ…?

この本の評価
no-image

[]

[百千さん家のあやかし王子 第3巻:硝音 あや]危険な目に合うたびに、なんだか切ない気持ちに。お花の妖かしにはちょっとほっこりしたな。

この本の評価
no-image

[]

[百千さん家のあやかし王子 第2巻:硝音 あや]xxxHOLICや夏目友人帳と彷彿とさせるところがありつつ、この世界にハマってきた2巻。

この本の評価
no-image

[]

[百千さん家のあやかし王子 第1巻:硝音 あや]妖狐ものが好きみたいで、そんな感じの漫画を探していたところにヒットした作品。
妖狐って、みんな色っぽいのかしらね?

この本の評価
no-image

[]

[妖狐×僕SS オフィシャルアンソロジー 妖狐×僕SS]0巻と共に入手。黒執事の作者様のイラストもあり。pixivでブックマークしていたイラストも有りました。キスのお話好きです。反ノ塚と野ばらの雨の日の話も好きです。

この本の評価