マルツ
マルツさんのよみつい
68件中 1-20件を表示
no-image

[]

[詐騎士:かいとーこ]主人公ルゼの腹黒さ最高!心のつぶやき部分がツボにはまってしまいました。イラストも好み。最近4巻出たらしいので、そっちも早く読みたいな。

no-image

[]

[シヴァ 狼の恋人:マギー・スティーフベーター]狼人間の男性に恋した娘の話。中高生向きくらい?さっくり読めます。表紙がよかった。上巻の絵は彼の人間部分が強く,下巻の絵は狼が強く出てるところがなかなか心憎い感じ。

no-image

[]

[ゾーイ―水底の恋人―3:中山星香]ユーファリアム活躍(あばれて?)してます。ゾウちゃん、いいとこでがんばってます。油断するとディルが花冠のエスターに見える・・

no-image

[]

[幽霊の涙―お鳥見女房:諸田 玲子]このシリーズまだ続いてたんだ・・相変わらずの珠世さん、観音さまのようにできすぎた人です。

no-image

[]

[ONE PIECE 64:尾田 栄一郎]リュウグウ王国での戦闘はじまりました。メンバー皆新しい技をおひろめしてます。強さバージョンアップしてます。いろいろ布石っぽいシーンあるけど、どう展開するか楽しみ。

no-image

[]

[レッド:エリカ・スピンドラー]最下層からのし上がったベッキ―・リン。自分勝手な父のために互いに憎み合う異母兄弟、ジャックとカルロの間で傷つきながら、自分の居場所を探して・・一気に読みました。ハーレクインの世界って感じ。

no-image

[]

[トゥルーブラッド9 去り行く者たち:シャーレイン・ハリス]テレパスのスーキーと、スーパーナチュラルな人たちの話。毎回スーキーがひどい目に会いすぎのような。今回、もと恋人のヴァンパイア、ビルが頑張ります。けなげです。

no-image

[]

[剣客春秋 縁の剣:鳥羽 亮]安心して読めるシリーズの一つ。道場主の藤兵衛と、その娘里美、婿の彦四郎を中心にした剣豪小説・・かな。今回は彦四郎の実家華村を狙う悪党が出現。梟党という凶悪押し込み強盗もからみ・・・

no-image

[]

[ランウェイ:幸田 真音]彼と別れて転職し、バイヤーとしてミラノに行った真昼。そこで様々な人と出会って・・女性のサクセス・ストーリー。ちょっと主人公に都合のいい展開が多すぎる気もするけど、一気に読めて面白し。

no-image

[]

[あんでらすの鐘―高瀬川女船歌:澤田 ふじ子]武士をやめて居酒屋の亭主になった宗因を中心に、江戸時代の京都の市井の問題を解決。読んでて安心できるシリーズ。

no-image

[]

[エンジェル・ハート2ndシーズン 2:北条 司]ファンの過去が明らかに。切ない終わり方だった。次回は香登場?このシリーズ、シティ・ハンターの頃からのお気に入り。最近、信宏の登場が少ないのは残念。

no-image

[]

[花咲くエリー イギリス流 ワーキング・ガール出世物語:ケイト・メイフィールド]なんだがビジネスのハウツー本に、ストーリーをからめただけのような・・ちょっと中途半端な感じ。

no-image

[]

[影執事マルクの恋歌:手島 史詞]前回がすっごいまぎらわしい終わり方してたので、ひとまずすっきり。マルクさん、そろそろしっかり決めてほしいところです。

no-image

[]

[伯爵と妖精 真実の樹下で約束を:谷 瑞恵]なんか終わりが見えてきた感じ。どう決着つけるのかな・・ジミー、思ったよりちゃんとした設定があったんだ・・

no-image

[]

[マイ・ガールエミリー:アマンダ ブラウン]仕事中毒で有能なキャリアウーマン,ベッカと、お暢気な財閥御曹司のエドワードが、4歳児エミリーを育てることに・・・愉快なラブコメ。悪役バニ―の悪辣ッぷりが素敵すぎ。最後の騒ぎ、どう始末したのか知りたいところです。

no-image

[]

[茨文字の魔法:パトリシア・A. マキリップ]みなしごのネペンテスは、王立図書館で文字の翻訳をしている。ある日、魔法学校の学生から茨のような文字の書かれた本を預かるが・・面白し。もう少し長編にして、この世界を描いてほしかったかな。結末がやや物足りない感。

no-image

[]

[風のなかの櫻香:内田 康夫]浅見光彦のシリーズ。施設から由緒ある尼寺に引き取られた12歳の少女、櫻香の周りに不審な動きが。警戒した寺側が光彦に協力を依頼して・・読んでて安心できるシリーズです。彼の謎解きのカン、もはや神がかりです。

no-image

[]

[チェンジリング・シー:パトリシア・A. マキリップ]宿屋で働くぺリは、海に魅入られた王子、キールと仲良くなる。ある日、金の鎖に繋がれた海竜をみて・・・「イルス竪琴」が大好きだったので手にとりました。挿絵でだいぶ作品の印象変わりますね。今回はティーン向けな感じ。

no-image

[]

[恋はストンと落ちるもの:ドナ・コーフマン]人気のコラムを受け持ち、プチ有名人のタンディ。屋敷を留守にする大伯母の屋敷のお留守番を頼まれた。同居するのは大伯母の雇い人のライリー。彼の印象はなんだかちぐはぐで・・・軽く、楽しく読めます。

no-image

[]

[タイムトラベラーズ・ワイフ 下:オードリー ニッフェネガー]自分の意志とは関係なく、タイム・トラベルしてしまうヘンリー。そして彼を子供のころから愛するクレア。パズルを埋めていくように人生を送る二人の心情が切ない。読み応え有!