まるい鷹(@maruitaka)

Shinsyu, Japan

ぐーたら信州人。本が大好き。広く浅く無節操に読みます。猫好き。ドラマやスポーツ中継やニュースなどにも食いつく。精神年齢が実際より低めに設定されています。でも幅広い世代と交流を深めたい微妙なお年ごろ。

まるい鷹
まるい鷹さんのよみつい
39件中 1-20件を表示
no-image

[]

[美坊主図鑑~お寺に行こう、お坊さんを愛でよう:日本美坊主愛好会]メモ。日本美坊主愛好会って……。お坊さんも容姿が問われる時代なのか!

no-image

[]

[東京バンドワゴン:小路 幸也]読了。すっごく良かったぜひゃっほー! これは中毒性がありそうだなぁ。困った困った。我南人さんはじめ人物造形の深さが素晴らしい。すべてが温かく、胸の内から突き動かす衝動が確かにある!

no-image

[]

[フェンネル大陸 偽王伝3 虚空の王者:高里 椎奈]読了。主人公の13歳少女、けっこう容赦ない仕打ち受けるのね。精神的にも肉体的にも。物語世界はぐんぐん広がっていくけれど、主要人物たちにはまだ謎が多い。

no-image

[]

[フェンネル大陸 偽王伝2 騎士の系譜:高里 椎奈]読了。物語としては、ここからが本番なのかな? 登場人物が増えて謎が深まるぅ!

no-image

[]

[フェンネル大陸 偽王伝1 孤狼と月:高里 椎奈]読了。お姫さまで将軍の13歳少女が、なぜかボコボコにされて焼き印まで捺されちゃう話。

no-image

[]

[国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて:佐藤 優]以前からマスコミに懐疑的なおいらも、すっかりムネオ狂想曲に乗せられていたと気づいて当時ショックだった。国策捜査は完全に証明されている。でもまた同じことがくり返された。

no-image

[]

[隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ:小出 裕章]一応こちらも載せておきます。『原子炉時限爆弾』とともに、事故の直前に出版された本。この2冊を読んでおけば、たぶん騙されることはないと思う。

no-image

[]

[原子炉時限爆弾:広瀬 隆]福島原発事故後、合計20冊くらいの原発・放射能関連の本を読んだが、結局この本が原点だと思う。あえてもう一冊挙げるなら小出裕章さんの『隠される原子力・核の真実』この二人がTVに出ない限り嘘報道。

no-image

[]

[鴨川ホルモー:万城目 学]読了。アホらしいことに真剣に打ちこむ模様が、なんとも言えず楽しい。青春の正しいあり方のひとつにも思える。レナウン娘のCMは若い人もわかるかな? 人生で一度は京都に住んでみたいよ♪

no-image

[]

[舟を編む:三浦 しをん]読了。辞書づくりをこのタイトルにしたセンスがいい。感動しました。普段当たり前のように使っている辞書。それがこれほどの困難を乗りこえて生まれてくるとは。感謝の気持ちが溢れてくる。情熱の美しさよ!

no-image

[]

[伏 贋作・里見八犬伝:桜庭 一樹]装丁が気に入って買ってみた。伝奇ファンタジーなんだけど、かなりふんわりしたイメージかな。主人公浜路の絵が可愛らしい。こういうお話は大好きなのだぜ。この変な口調も本書の影響なのだぜ♪

no-image

[]

[学問のすすめ 現代語訳:福澤 諭吉]はい、無節操読書満開です(笑) 齋藤孝さんの現代語訳。ものすごく読みやすい。たまにはこういう本を読むのもいいよ。これが1万円札になる男の思想だ!

no-image

[]

[砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet:桜庭 一樹]読了。著者の放った弾丸に、しかと撃ち抜かれました。才能という名の弾丸。もう降伏するしかないよ。絶品。

no-image

[]

[帝国の娘 下:須賀 しのぶ]ところでこのお話は『流血女神伝』という全25巻にも及ぶ大河小説の冒頭に当たるそうだ。元のコバルト文庫ではすでに絶版となっているようなので、角川書店さんぜひ頑張ってください。

no-image

[]

[帝国の娘 上:須賀 しのぶ]読了。久々のファンタジー。最近はミステリ系を読むことが多いけど、こういうお話のほうがおいらの本分だな。神話、宗教、人種問題、政治を適度にスパイス。理不尽な立場に追いこまれた少女が奮闘する。

no-image

[]

[秋期限定栗きんとん事件 下:米澤 穂信]やっぱり小市民的恋愛は二人には無理なのか。事件が解決して発展的元サヤは嬉しいけど、真に幸せと言えるかは捉え方によると思う。堂島健吾の男っぷりはまた上がった。ただ気になる台詞も。

no-image

[]

[秋期限定栗きんとん事件〈上〉:米澤 穂信]シリーズ物でも一つたりとも同じ構成にはしないのが、意欲的で野心的で米澤先生の凄いところだと思う。今回は長編で、小鳩くんの他に瓜野くんという語り手(視点)が。

no-image

[]

[夏期限定トロピカルパフェ事件:米澤 穂信]各章が短編としても完成度が高くて、全体では長編として完成されてる。やっぱり凄いなぁ。「シャルロット」は手に汗握った。小佐内さんの私服が好き。それと今回も、堂島健吾はいい男だ。

no-image

[]

[春期限定いちごタルト事件:米澤 穂信]同じ日常の謎でも、古典部シリーズとはまた違う空気感、ラストへの緊迫感がよかった。米澤作品独特の理屈まわしみたいなものには中毒性があると思う。堂島健吾の男っぷりに惚れた。

no-image

[]

[図解 ガンファイト:大波 篤司]平安堂で、思わず買ってしまった…。銃撃戦のなんたるかを懇切丁寧に語った本。帯の「突然巻き込まれるかもしれない銃撃戦で生き延びるために必読の一冊!」に負けた(笑)