maru。
maru。さんのよみつい
15件中 1-15件を表示
no-image

[]

[聖女の救済:東野 圭吾]途中からガリレオ作品と知った。

no-image

[]

[幻夜:東野 圭吾]「最強」だなと思いました。

no-image

[]

[レイクサイド:東野 圭吾]衝撃のらすと。途中からどんどん面白くなりましたっ

no-image

[]

[今夜は眠れない:宮部 みゆき]二作目を先に読んでしまってましたが、十分に楽しめました。

no-image

[]

[さまよう刃:東野 圭吾]復讐のおはなし。

no-image

[]

[流星の絆:東野 圭吾]後半のどんでん返しがちょっと微妙でした!
しかしラストの締め括りは好きです。

no-image

[]

[カレンダーボーイ:小路 幸也] なんとなく手に取ってみたそんな本。途中までは好きでした。ラストは何だかすーっと流れるような展開で事後報告?のような感じで、もう少しドキドキさせてほしかったです。

no-image

[]

[名もなき毒:宮部 みゆき] 人間の「毒」がテーマ。

no-image

[]

[夢にも思わない:宮部 みゆき] 前作があるみたいですけど、知らずにこちらから読みました。私にとって初の宮部作品でしたが、すらすらと読むことができ楽しめました。

no-image

[]

[ジェネラル・ルージュの凱旋:海堂 尊] 田口先生というよりは、ジェネラル速水先生の活躍がカッコ良かったです。姫宮さんの介入も本書の面白いところです。ラストには再びジェネラルが・・・

no-image

[]

[新装版 ヒカルの碁 Boy Meets Ghost] 読んだものと装丁は異なりますが、小説版もなかなか楽しめました。漫画の中の微妙な描写を文字で表現しており、また違った捉え方ができたりしました。

no-image

[]

[ゲームの名は誘拐] 誘拐ゲームが終わるまでと、それからと流れるような展開にハラハラしながら一気に最後まで読み終えちゃいました。

no-image

[]

[空中庭園] 何だかふわふわした感じの作品でした。作風でしょうか。好みが分かれると思いますが、私は好きな話と苦手な話がありました。

no-image

[]

[チーム・バチスタの栄光] テレビの方をずっと前に先に見てしまったので色んな先入観があったけれど、原作のちょっと違った展開や登場人物の違いも楽しめました。

no-image

[]

[夜明けの街で] キーワードは不倫の恋と殺人事件、思いも寄らぬ展開に最後まで楽しめました。