くりくみ(@kurikyu)

日本

高校・中学生3人のママ。ギリシャ神話にはまり中。音楽好き。JAM好き。外好き。スターウォーズ好き。星好き。舞台好き。シェイクスピア探究。それから・・・ふふ

くりくみ
くりくみさんのよみつい
172件中 1-20件を表示
no-image

[]

[頭は「本の読み方」で磨かれる:茂木 健一郎]おもしろい!やっぱ本って良いよねー!また夏目漱石読み返そうと思ったよ。

この本の評価
no-image

[]

[R.P.G.:宮部 みゆき]東大の文化祭的な古本市で買ったもの。あり得るようなありえないような話。

no-image

[]

[結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方:茂木 健一郎]なかなかすぐ読めなくてなんだかなーでしたが、読みやすく興味深かった。特に不安のなかに成功があるとか、おっちょこちょいを待ってるとか。もっと感じたままでいいんだなと思いました。でもやっぱ動くことだなあ。

no-image

[]

[ノーライフキング:いとう せいこう]「オトナの!」見て気になったのだよ。ここまで小4の想像力あったら逆にすごい!

no-image

[]

[モンスター:百田 尚樹]文章がおもしろかったあ。内容は衝撃的。主人公の生きざま、すさまじい。人生一生追求するものだなと感心してしまった。良いも悪いも。人間は本当に気持ちで生きているんだなとつくづく実感してしまった。

no-image

[]

[女のいない男たち:村上 春樹]短編もかなり深いいい感じ。大人なんだよね。

no-image

[]

[悲劇喜劇2015年2月号:早川書房]『社長吸血鬼』を次女の前で音読しました。心こめて。面白かったなあ。本多劇場また行かなきゃ。

no-image

[]

[宇宙兄弟(25):小山 宙哉]よいね。お母さん好き。

no-image

[]

[オー!ファーザー:伊坂 幸太郎]すんごい複雑な関係だけど、単純なような。でもあったかい気持ちにもなるし、ありだなと思う。だめかな。でてくる人みんなすきになっちゃう。

no-image

[]

[虚人たち:筒井 康隆]凄い!時をかける少女の人とは思えない。空間も時間も飛び越えて自由に行き来しちゃう、本ならではの楽しみを惜しみなく出してくる。最後のところは、予測できてしまって、読んでるのに、目を背けたくなるような状況説明に驚愕した。

no-image

[]

[すべてがFになる:森 博嗣]最後のほんの50頁が衝撃的な展開。Fの意味は映像でずっと浮かんできてコボルとかフォートランとかアルゴンとかC言語とか習っていたときを思い出していた。天才の思いは想像を超える、考えてみればふつうの事。最後気が抜けた。久々に一気読みだった。楽しみ。

no-image

[]

[世界一やさしい精神科の本:斎藤 環]分かり易かった。現実薬の限界があるのが衝撃だった。人はやっぱ複雑人には人が必要って事がよくわかった。多重人格のところ興味深かった。宇宙ギリシャの次に好きかも、今まさにわたしのタイムリー。深みにはまりそうだなあ。はまっとくか、否か、それが問題だ

no-image

[]

[ウロボロス 15―警察ヲ裁クハ我ニアリ:神崎 裕也]3週間で15巻まで読んだぜい。楽しみでならん。こういう曲げられない正義大好き!またスーツいいんだろーな。

no-image

[]

[孤立無業:玄田 有史]アウトリーチ。出向いて支援。上手におせっかい。100人のニートを支援できる10人の若者を育てる。若者を支援する若者を支援することは大事。適度な距離感で寄り添い最終的には見事なタイミングで本人の選択を促す。そんなアウトリーチできる人になりたい。

no-image

[]

[孤立無業:玄田 有史]長い間働いていない子供兄弟を必死に自分たちの手で守ろうとした。かえって無業者を孤立させる。孤立就業も多い。孤立無業も本人の自由では?自由は自分自身で積極的に獲得し続けていくもの。人間らしい生をまっとうするには?今思いきる。勇気をもって人と関わっていく。

no-image

[]

[孤立無業:玄田 有史]受診時間少ない・ゲームに嵌っていない・金持ちでない・都市田舎関係ない・ネットしない・テレビ見る時間睡眠時間長い・家族庇護のため働く気なし・深夜も含め外出しない・朝起遅い・掃除しない・中学時代に親しい友人や話をする大人がいなかった・老後不安・生活保護致方ない

no-image

[]

[孤立無業:玄田 有史]SNEP:20歳以上59歳以下の未在学未婚無業ふだんずっと一人か一緒にいる人が家族のみ。162万人いる。無業者全体はの孤立状態の人は1981万人いる。傾向:男性・中高年・中学卒
孤立無業の一因:要介護者が家族にいる

no-image

[]

[本の逆襲:内沼 晋太郎]夢がふくらむー。久々に心が明るくやる気がでる本でしたー。ブランディング。そういう言葉なんだー。ベットのしたのビートニクの本出してみなきゃ。うっちーすごいんだな。発想力、大切なんだなあ。下北行かなきゃ。寄り道しなきゃ。

no-image

[]

[自立と共生を語る―障害者・高齢者と家族・社会:大江 健三郎]研修の後、障害者と高齢者ぜんぜん違うと思ってたが、この本を読んで似ているところもあると改めて思った。そして必要なのは文学!介護者も医者も障害者も高齢者も文学に助けられるはずと。私は飛び上がりそうだった。大江さん素敵。

no-image

[]

[信長協奏曲 2:石井 あゆみ]切れ長の目がよいよねー