mokolala
mokolalaさんのよみつい
29件中 1-20件を表示

三匹のおっさん ふたたび [単行本]

有川 浩

文藝春秋 2012-03-28

この本のよみつい この本のamazon

[三匹のおっさん ふたたび:有川 浩]前作より話に深みが出てきた感じ。60代のじいさんと高校生の孫の絡みが好きだ。今回はじいさんの息子で孫の父親世代の話もやんわりと味がある。三世代の心の機微や感情の表し方や考え方の微妙な違いがよく書かれていて面白い

希望の地図 [単行本]

重松 清

幻冬舎 2012-03-09

この本のよみつい この本のamazon

[希望の地図:重松 清]震災後の被災地をとても丁寧に取材していると感じた。「夢」と「希望」の違い。「希望」と「絶望」は紙一重。「福島」と「フクシマ」。考えさせられた。あたりまえのことだけど、東日本大震災を忘れてはいけない。しっかり心に刻まなければいけないと強く感じた。

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち [文庫]

三上 延

アスキーメディアワークス 2011-03-25

この本のよみつい この本のamazon

[ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち:三上 延]古本屋さんとか古書はなじみがなかったけどちょっと興味をそそられました。きちんと夏目漱石を読んでみたくなりました。ほのぼのとした空気感、いいです。

カジュアル・ベイカンシー 突然の空席 2 [ハードカバー]

J.K.ローリング

講談社 2012-12-01

この本のよみつい この本のamazon

[カジュアル・ベイカンシー 突然の空席 2:J.K.ローリング]1巻を読み終えると先が知りたくて一気読み。登場人物の感情の動きがすごくよくわかる。悲惨な貧困家庭とかが描かれてるにもかかわらずどんどん引き込まれてしまう。よく考えたら目を背けたくなるような場面もあるのに。

カジュアル・ベイカンシー 突然の空席 1 [ハードカバー]

J.K.ローリング

講談社 2012-12-01

この本のよみつい この本のamazon

[カジュアル・ベイカンシー 突然の空席 1:J.K.ローリング]主要登場人物を把握するのに苦労。人物系図を横において確かめながら読み進める感じ。貧困、ドラッグ、見えない階級意識...社会問題満載の小説

三匹のおっさん [文庫]

有川 浩

文藝春秋 2012-03-09

この本のよみつい この本のamazon

[三匹のおっさん:有川 浩]面白い!痛快で爽快で一気読みです。三匹のおっさんも気になるけど祐希君と早苗ちゃんのその後が気になるので「~ふたたび」是非読みたい!

この本の評価

往復書簡 [単行本]

湊 かなえ

幻冬舎 2010-09-21

この本のよみつい この本のamazon

[往復書簡:湊 かなえ]題名通り、手紙のやりとりで物語が進んでいく。手紙を読み進むうちに過去の事故(事件)の真実が明かされていくのだけど、一気に読んでしまいました。二人の往復書簡なのに登場人物の輪郭が手に取るように浮かんでくる。面白かったです。

駐在刑事 [単行本]

笹本 稜平

講談社 2006-07-28

この本のよみつい この本のamazon

[駐在刑事:笹本 稜平]ミステリーなんだけど北鎌尾根の話は山岳小説としても面白かった。駐在さんと地元の人達との関わり合いがあったかい。

下町ロケット [ハードカバー]

池井戸 潤

小学館 2010-11-24

この本のよみつい この本のamazon

[下町ロケット:池井戸 潤]面白くて一気に読んでしまった感じ。仕事を二階建ての家に例えた佃さんの話はなるほどと思った。殿村さん、男気あるじゃん!財前さん、懐深いじゃん!文句なく面白かった。

この本の評価

阪急電車 [文庫]

有川 浩

幻冬舎 2010-08-05

この本のよみつい この本のamazon

[阪急電車:有川 浩]こういう話が好きだなぁ。オムニバスで通りすがりだけどどこかでつながってるお話。翔子さんと少女のショウコさんの話がキュンとしました。映像が観たくなってDVD借りちゃいました。映画もほんわかあったかかった。

この本の評価

舟を編む [単行本]

三浦 しをん

光文社 2011-09-17

この本のよみつい この本のamazon

[舟を編む:三浦 しをん]1冊の辞書を作るのにこんなに時間がかかるとは思いもしなかった。辞書のための特殊な紙を開発するなんて素直に感動!登場人物達の辞書に対するそれぞれの思い入れがとても伝わってくる。西岡さんのちょっと屈折した感じも共感できるな。本屋大賞納得です!

この本の評価

ユリゴコロ [単行本]

沼田 まほかる

双葉社 2011-04-02

この本のよみつい この本のamazon

[ユリゴコロ:沼田 まほかる]3時間で読み終えた。途中でやめられなかった。戦慄したし涙も出たし感情の持って行き場のない主人公を思うと辛くもやりきれなくもなり、なのに物語の最後に透明な風が吹くような感じになる。面白いです。

この本の評価

謎解きはディナーのあとで [単行本]

東川 篤哉

小学館 2010-09-02

この本のよみつい この本のamazon

[謎解きはディナーのあとで:東川 篤哉]図書館で5ヶ月待って借りた本。そんなに待つほどじゃなかったけど買わなくてよかった。時間つぶしに読むにはちょうどいい。

ランウェイ [単行本(ソフトカバー)]

幸田 真音

集英社 2011-09-22

この本のよみつい この本のamazon

[ランウェイ:幸田 真音]失恋して仕事頑張って世界が認める成功して結婚も手に入れて・・って、ちょっと都合いいな。お決まりのサクセスストーリーですわ。

春を背負って [単行本]

笹本 稜平

文藝春秋 2011-05

この本のよみつい この本のamazon

[春を背負って:笹本 稜平]タイトルに惹かれて手に取った本。山小屋の場所がいい。八ヶ岳でもアルプスでもない、地味だけどしっかり存在感がある小屋。こういう山小屋なら深山でも行ってみたい。人間模様が心を優しくしてくれるかな。この著者の本をもっと読んでみたいと思った。

この本の評価

未踏峰 [単行本]

笹本稜平

祥伝社 2009-10-27

この本のよみつい この本のamazon

[未踏峰:笹本稜平]山岳小説なんだけど若者3人の人間性がとてもよく描かれていると思う。知らないうちに感情移入してしまう。もちろん行ったことも見たこともない雪のヒマラヤの山々の雄姿が目に浮かんでくる。

この本の評価

カッコウの卵は誰のもの [単行本]

東野 圭吾

光文社 2010-01-20

この本のよみつい この本のamazon

[カッコウの卵は誰のもの:東野 圭吾]結末が気になるから一気に読んだけど、何か今ひとつ納得がいかない終わり方だな と思いました。読後、ちょっと不完全燃焼です。

白夜の大岩壁に挑む―クライマー山野井夫妻 [単行本]

NHK取材班

日本放送出版協会 2008-01

この本のよみつい この本のamazon

「山に行くことにはお金をかけるけどほかのことはどうでもいいです」と妙子夫人。全てを自分で決めて行動したいからスポンサーの申し出もほとんど断るという泰史氏。山も普段の暮らしもお金と引替えに自分達のスタイルを変えるのは好ましくないと思っている、その生き方に静かに感動した。

この本の評価

困ってるひと [単行本]

大野 更紗

ポプラ社 2011-06-15

この本のよみつい この本のamazon

[困ってるひと:大野 更紗]文章力凄い!!一気に読み進めちゃうけどよく考えたら本当に壮絶な話なのに、よくもここまでユーモア入りで時にホロリと・・・文章力凄いです。いや本当に。

数学的思考法―説明力を鍛えるヒント 講談社現代新書 [新書]

芳沢 光雄

講談社 2005-04-19

この本のよみつい この本のamazon

[数学的思考法―説明力を鍛えるヒント 講談社現代新書:芳沢 光雄] yomitwiでこの本を知り読んでみました。試行錯誤の重要さがよくわかった。「学ぶ」ということの本当の意味、という点で「奇跡の教室」と重なる部分があるように感じました。