Hirobilly_kid(@hirobilly_kid)

静岡県富士宮市

ビールとミステリーをこよなく愛する40代のスバリストです。

Hirobilly_kid
Hirobilly_kidさんのよみつい
31件中 1-20件を表示
no-image

[]

[怪談:柳 広司]読了。この作者、短編がめちゃくちゃ巧い!ちょっと「世にも奇妙な物語」風。夜、静かな部屋で、一人で読むことをお勧めします。

この本の評価
no-image

[]

[パラダイス・ロスト:柳 広司]読了。相変わらず面白い!自作にも期待!

この本の評価
no-image

[]

[奇面館の殺人:綾辻 行人]面白かった!珍しくシンプルな「館」シリーズ。

この本の評価
no-image

[]

[銀行狐:池井戸 潤]読了。ちょっとインパクト薄いかな。個人的には表題作よりも、「ローンカウンター」の方が面白かった。

この本の評価
no-image

[]

[KING GOLF 15:佐々木 健]面白くって、15巻まで一気に大人買い!久々に面白いスポーツマンガに出会った。(ちょっとスラムダンクとかぶる気がするが・・・)

この本の評価
no-image

[]

[我が家の問題:奥田 英朗]面白いが、「起」・「承」・「転」まではいいのだが、「結」があいまいになっているのが残念。
もっと書ききって欲しかった。

この本の評価
no-image

[]

[BT’63:池井戸 潤]お得意の経済物ではなく、ちょっとSFチックな感じ。ミステリーとしても秀逸な出来ではないでしょうか。この作者の懐の深さを実感した作品。

この本の評価
no-image

[]

[架空通貨:池井戸 潤]粉飾決算、マネーロンダリング、計画倒産と内容が複雑。その割に主人公は何もしてなく、右往左往しているばかりなような気がする。計画倒産に対する暴動も、イマイチ現実味に欠ける。ちょっと読み疲れた。。。

この本の評価
no-image

[]

[デパートへ行こう!:真保 裕一]この著者の作風にないドタバタ喜劇モノを期待していたが・・・。

この本の評価
no-image

[]

[Another:綾辻 行人]発売と同時に購入し読んだ。久々に綾辻ワールド全開の作品だった。ドラマ化だか映画化の話もあるの?

この本の評価
no-image

[]

[十角館の殺人:綾辻 行人]10年以上前に初めて読んだ綾辻作品。これをきっかけに著者のファンになった記念すべき一作。これを超える新本格派の作品には、未だ出会えていない。

この本の評価
no-image

[]

[果つる底なき:池井戸 潤]乱歩賞受賞作。後の作品に比べると、かなりサスペンス色が強く、描写がくどい面が・・・。そこが乱歩賞にかけた意気込みは感じます。一気に収束する後半の攻防は、読み応えあり!

この本の評価
no-image

[]

[空飛ぶタイヤ:池井戸 潤]上下巻読了。面白い!誰が読んでものどの会社が題材になっているかわかる。あながちフィクションではないかも!?中小企業の二代目社長の男気が素晴らしい。

この本の評価
no-image

[]

[謎解きはディナーのあとで 2:東川 篤哉]前作よりも、お嬢様と執事の掛け合いがエスカレートしているが、すべってる感は否めない。コロコロコミックで漫画化すれば、小学生高学年にはウケるかも!?ライトノベルとみれば面白いが、ミステリーとしては・・・

この本の評価
no-image

[]

[黒い家:貴志 祐介]ホラーにはまるきっかけになった一冊。
映画はイマイチだったなぁ。。。

この本の評価
no-image

[]

[銀行総務特命:池井戸 潤]内容は面白いが、キャラが弱い気がする。

この本の評価
no-image

[]

[シャイロックの子供たち:池井戸 潤]読了。これは長編とみるのか連作短編とみるのか・・・この著者得意の構成ですね。わざと視点や時間系列をずらして織り交ぜてあるおかげで、最終的に事件がぼやけてしまっているような気がする。ヒューマンドラマと見ればいいが、ミステリーとしてはイマイチ

この本の評価
no-image

[]

[不祥事:池井戸 潤]同著者のあとがきでの解説を読み、期待をこめて読んだが、ちょっと期待外れ。
もっと主人公の女性行員のキャラが立ってるかと思ったが、それほどでもない。
事件的な要素もイマイチでした。

この本の評価
no-image

[]

[仇敵:池井戸 潤]連作短編集だが、長編の要素も兼ね備えていて、一気読みしてしまった。横山秀夫のような雰囲気を感じた。テレビドラマ化されても面白いと思う。

この本の評価
no-image

[]

[オレたち花のバブル組:池井戸 潤]読了。やっぱり主人公のキャラにはスカっとさせてもらえる。面白い。

この本の評価