grand papa(@granpa3434)

鹿児島市

出張が多いので行き先案内(業務連絡)のつもりでしたが、趣味?になってしまいましたw 絡みは大歓迎します。たまに意味不明なつぶやきもありますが、よろしくお願いします。 au iphone5 使用中 http://t.co/k3KmWDhSyf

http://t.co/vwvCMu06Em

grand papa
grand papaさんのよみつい
179件中 101-120件を表示
no-image

[]

[ST警視庁科学特捜班 黄の調査ファイル:今野 敏]読了。STメンバーの山吹の「黄」。 薬学の専門家で、お坊さんという設定で、座禅について語られているところが興味深く読みました。これでシリーズ5冊読了(^^♪

no-image

[]

[水滸伝 5 玄武の章:北方 謙三]読了。以前読んだ水滸伝より面白い。と思うのは気のせい(笑) 長いからぼちぼち読もうかな。

no-image

[]

[ST警視庁科学特捜班 緑の調査ファイル:今野 敏]読了。STメンバー結城翠の「緑」。聴力の異常にすぐれた閉所恐怖症の女性という設定。設定だけでもすごいね。これで、色シリーズ「黒」「赤」「青」「緑」と4つ読了。最後の「黄」を今から読みます。

no-image

[]

[ST警視庁科学特捜班 黒の調査ファイル:今野 敏]読了。STメンバーの黒崎の「黒」やっぱり面白いヽ(^o^)丿

この本の評価
no-image

[]

[渾沌王 人工憑霊蠱猫:化野 燐]移動中に読了。印象に残った文中のセリフ 「おれたちは、みんなそれぞれに別の小さな物語を生きている。それでも・・・と、おれは思うのだ。同じ困難にぶつかった時には、力を合わせたっていいんじゃないのかね。と」

この本の評価
no-image

[]

[白澤 人工憑霊蠱猫:化野 燐]読了。面白いとも思わないのだが(笑) なぜか読んでしまう。鬼神のなせる業か。。。o(゚^ ゚)ウーン

この本の評価
no-image

[]

[大量爆殺―姐御刑事:南 英男]読了。姉御刑事シリーズ。何も考えずに楽しめました(^O^)/

この本の評価
no-image

[]

[姐御刑事 はみ出し捜査:南 英男]読了。女暴走族の総長だった過去を持つ姉御刑事って、すごい設定(笑) なかなかスリリングな展開で面白かった。

この本の評価
no-image

[]

[ST警視庁科学特捜班 赤の調査ファイル:今野 敏]新幹線の中で読了。STメンバーの赤木の「赤」。赤木は法医学の名医で、出身大学医学部の医療ミスをあばく。人間関係が面白いし、不器用な赤木の姿勢(性格)に共感が持てる。

この本の評価
no-image

[]

[ハインド・ゲーム―北朝鮮潜入:鳴海 章]読了。自衛隊くずれのヘリパイロットが、ハインドというロシア製のヘリで、北朝鮮から政府高官を亡命させようとする。臨場感があって面白かったヽ(^o^)丿

この本の評価
no-image

[]

[ST警視庁科学特捜班 青の調査ファイル:今野 敏]読了。STメンバーの青山がメインになった推理小説。だから「青」なんだ。読者にも事象や条件をすべて提示して、謎解きをしていく。もちろん、物語としても面白い(^o^)丿

この本の評価
no-image

[]

[ST 為朝伝説殺人ファイル<警視庁科学特捜班>:今野 敏]読了。こんなとぼけた警察小説ってあんまりないと思うな。面白い(^o^)丿

この本の評価
no-image

[]

[サラマンダー殲滅(下):梶尾 真治]上下巻読了。日本SF大賞受賞作。未来の宇宙空間が舞台だが、この作品の骨格はオーソドックスな復しゅう劇になっている。SFを楽しむも良し、復しゅう劇を楽しむもよし。

この本の評価
no-image

[]

[撃つ:鳴海 章]読了。現代に日本とロシアが戦争になった!! 一人のサラリーマンがスナイパーとして戦う。今の政府のふがいなさを考えるとありそうで怖い(笑)

この本の評価
no-image

[]

[分冊文庫版 魍魎の匣(下):京極 夏彦]上中下巻を読了。語りの多いものは苦手です。ストーリーは良いと思うが、語り部分が多くて、説明にしか思えない
┐( ̄ヘ ̄)┌

この本の評価
no-image

[]

[分冊文庫版 魍魎の匣(中):京極 夏彦]上・中巻を読了。下巻を読んでる。妖怪とか出てくるかと思ったら、推理小説みたい。

この本の評価
no-image

[]

[ST 桃太郎伝説殺人ファイル 警視庁科学特捜班:今野 敏]読了。このシリーズは安心して読めるな。面白い!! 桃太郎伝説って、いろんな説があるのね。知らなかったよ。

この本の評価
no-image

[]

[疑心―隠蔽捜査〈3〉:今野 敏]ひさしぶりにハードカバーで読んでみた。竜崎の心情を中心に書いてあって、純文学みたいになってる。事件は無事に解決するけど、ものたりない感じw

この本の評価
no-image

[]

[蠱猫 人工憑霊蠱猫:化野 燐]読了。いままで読んだことのないタイプの伝奇物、妖怪物だね。新鮮でおもしろかったが、まだまだ続編があるらしく、シリーズになっているのね。続編も読むぞ(^^♪

no-image

[]

[最後の戦慄:今野敏]読了。「最後の封印」で活躍した傭兵のシド・アキヤマが内閣調査室から巨大テロ組織に対する以来が来る。
なにも考えずに楽しめるエンターテイメントヽ(^o^)丿

この本の評価