sakai eri
sakai eriさんのよみつい
7件中 1-7件を表示
no-image

[]

[ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち:三上 延]
話の中に出てくる本を実際に読んでみたくなった。栞子さんのような洞察力があったら人生がもっと豊かになりそう。話がいくつかに区切られているのでとても読みやすかった。

no-image

[]

[真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒:大沼紀子]2作目。新たに八方美人の突然の登場。しかし読んでいくうちにこの女に不可解な行動が目立つ。その真相は驚き!前作の登場人物も引き続き出てきて、さらに新たな強烈キャラもいっぱい。前作に続きミステリー要素も多く、わくわくしながら読めます。

no-image

[]

[神様からひと言:荻原 浩]青年が転職をした老舗食品メーカーで起こる珍事を描いたもの。ある騒動をきっかけに社内でもリストラ候補が行くお客様相談室へ飛ばされる。悪戦苦闘しながらも奇妙な風習を暴こうと必死になる。現実にありそうでコミカルな話。個性豊かな登場人物も魅力的。

no-image

[]

[巡る女:山本 甲士]あることを転機に3つの選択によるそれぞれの人生が描かれている。しかし最終的には潜在的な想いや夢が変わることはなく、どんな選択しようと自分なりの人生があると気付かされる。

no-image

[]

[I LOVE YOU:伊坂 幸太郎]それぞれの作家の愛をテーマにした物語。視点が異なりいろいろな恋愛が展開されすぐに読めてしまう。もっとひとつひとつの物語を読んでいたいと思わせるテンポの良さがある。ほとんどが男性目線の物語であるところも面白い。

no-image

[]

[MOMENT:本多 孝好]病院で掃除のアルバイトをしている少年がある噂をきっかけに死ぬ直前の人の願いを叶えていく。しかし噂の真実には衝撃的な事実が隠されていた。死ぬ直前の人に触れ今の人生を考えさせられました。死ぬ間際に持つそれぞれの想いが興味深いです。

no-image

[]

[真夜中のパン屋さん:大沼紀子]それぞれの問題を抱えた人たちが次々と出てきて、パン屋さんを通じてみんなをつなげていく。誰しも問題を抱えながらもそこから何かを感じ、それを共有しながら生きていく。深刻な問題も出てくるが、重く感じさせずすらすらと読め、温かい気持ちになりました。