この本のよみついをかいてみませんか。
自分の読書メモにもつかえるし、読書ともだちさがしにもつかえるよ。

* よみついについて詳しくしる
みんなのよみつい
9件中 1-9件を表示
mokolala
この本の評価
この人のよみつい

[阪急電車:有川 浩]こういう話が好きだなぁ。オムニバスで通りすがりだけどどこかでつながってるお話。翔子さんと少女のショウコさんの話がキュンとしました。映像が観たくなってDVD借りちゃいました。映画もほんわかあったかかった。

まるい鷹 この人のよみつい

[阪急電車:有川 浩]読了。いいね、こういうお話って。みんな繋がってるんだなあと、ほのぼの感じさせてくれる。それにしても関西にもたくさん鉄道路線があるんだねぇ。いや決して馬鹿にしてるわけじゃなく、素直に羨ましいなと。

eco この人のよみつい

[阪急電車:有川 浩]見知らぬ人でもつながりを持つことはある。例えば自転車を将棋倒しのように倒してしまった時に手伝ってくれる通りすがりの人とか。その「ちょっと」の事が相手にとっては大きな意味を成すことがあると感じた。ほんわか。あったか。

あさ この人のよみつい

[阪急電車:有川 浩] オムニバス形式で、それぞれの話が繋がっていたりして面白い。短い路線だけど、いろいろなことがあって人と人の繋がりを再確認させてくれた。

たま@バニくー
この本の評価
この人のよみつい

[阪急電車:有川浩] ほんの短い路線の中で起こる様々な出逢いの物語。『折り返し』の構成も効いてます。ひとつ読み終わるごとに、ちょっぴり元気に、ちょっぴり前向きになれる、そんなお話でした。時江さんが好きだけど自分の姑だったら怖いなぁ(笑) 巻末の解説は児玉清さん。

水野@大阪 この人のよみつい

[阪急電車]阪急電車今津線の宝塚~西宮北口の間を往復する電車の中で起こった小さな人と人との触れあいがお互いに対して良い意味で影響し合う、そんな様子を描いた物語。図書館カップルとえっちゃんカップルとおばあちゃんが好きです。翔子さんも素敵。

ねころびん この人のよみつい

[阪急電車] この本に出てくる路線は、門戸厄神までしか利用したことがありませんでした。本を読んでもったいないことをしてるなぁと思っています。

今西和幸 @海風のまち
この本の評価
この人のよみつい

[阪急電車]  読むほどに学生時代の思い出と交差して懐かしく、ちょっぴり胸を締め付けられたりしました。それぞれの人生、それぞれの物語、駅ごとに湧き上がる思い出、切ない中に勇気をもらいました。関西の私鉄はそれぞれ独特な雰囲気があり、その愛すべき風景にも再会させてもらった一冊でした。

今西和幸 @海風のまち
この本の評価
この人のよみつい

[阪急電車]  71ページまで読んだところです。 展開がよくどんどん読み込んでしまいます。 私が住んでた南海電車沿線よりもずっと高級さを感じる沿線での人と人とのちょっとしたふれあいの物語かな? 全部読んでないので・・・以上途中経過でした。 さてと続きを読もう^^