堀井明子(@akaruiko)

シナリオライターの端くれ。アニメ(シュガーバニーズ)、ドラマCD(VoiceColorsSeries、BL系多数)、ゲーム(ナデプロ!!、アイマス2)、ノベライズ(遙か2)など女性向け作品が多いです。只今お仕事絶賛募集中!夫・息子(小2)・猫4匹(フミコ♀・マリナ♀・ミスズ♀・ナツキ♂)と暮らしています。

http://www.a-horii.info/

堀井明子
堀井明子さんのよみつい
17件中 1-17件を表示
no-image

[]

[図書館危機 図書館戦争シリーズ3:有川 浩] 続けて読了。主人公の成長ぶりが描かれてて面白い。戦闘描写も前作に比べて多め。文庫本4巻目は明後日発売。楽しみに待ちます^^

no-image

[]

[図書館内乱 図書館戦争シリーズ(2):有川 浩] シリーズ1作目に続き読了。脇役にも焦点を当てた物語展開。戦闘というより駆け引きがメイン。次の巻への引きも憎い演出。

no-image

[]

[ゴーストハント①旧校舎怪談:小野 不由美] 読了。復刊前のもリアルタイムで読んでいたので、記憶を掘り起こしながらの再読。全編渡ってリライトされているせいか、ああ、懐かしいなーと思いながらも、ゾクッとしたりして^^; 装幀も凝っているので素敵です。

no-image

[]

[月のオデッセイ:三枝 克之] 読了。世界各地の「月」にまつわる神話、伝説、民話など30話と、美麗な月の写真が50点が収められたビジュアル・アンソロジー。旅行記風に始まる物語は、静かな夜を過ごしたい時にぴったり。

no-image

[]

[ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち:三上 延] 読了。Amazonの「この本を買った人は…」で見かけて勢いで購入したけれど大正解。古書にまつわるお話が4話。全体を包み込んでいる静謐な世界観がたまらなく好みでした。

no-image

[]

[短篇集:クラフトエヴィング商會] 読了。編者は柴田元幸氏。9名の作家による短篇集。クラフトエヴィング商會と石川美南さん、小川洋子さんの作品が特に印象に残りました。他の作品もバラエティ豊か。アンソロジーの醍醐味を味わえる一冊。

no-image

[]

[カラット探偵事務所の事件簿 1:乾 くるみ] 読了。謎解きを専門に扱う探偵事務所を舞台にした短編6本。仕掛けられた謎は正統派で、凄惨な場面もないので安心して読めました。残念だったのは、キャラが少し弱いこと、かな…。

no-image

[]

[永遠の森―博物館惑星:菅 浩江] 読了。地球の衛星軌道上に浮かぶ巨大博物館を舞台にした9編の物語。全世界のあらゆる美術品、動植物が収められていて、主人公はその博物館の学芸員。…これらのキーワードに少しでも興味が湧くなら読む価値あり。私はこの物語、大好きです。

no-image

[]

[図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1):有川 浩]文庫化を機に今さらながら読了。なるほど王道。そして少女漫画的。予想を裏切らない展開で楽しかったです。

no-image

[]

[ライト、ついてますか―問題発見の人間学:ドナルド・C・ゴース] 読了。問題解決に関する本。訳文が少々取っつきにくいけれど、興味深い内容でした。何かの問題にぶち当たったら、慌てず騒がずまずこの本を思い出すことにしよう。

no-image

[]

[月の上のガラスの町:古田 足日] 小学生高学年向けのSF短編童話集。「西からのぼる太陽」「あくまのしっぱい」「アンドロイド・アキコ」「十二さいではいれる大学」「月の花売りむすめ」「巨大な妖精」の6本。どれも素敵で奥深い物語。月が綺麗な夜に読みたい一冊。

no-image

[]

[探偵倶楽部:東野 圭吾] 読了。5本の短編推理小説。「探偵倶楽部」という作品名だけれど、探偵はあくまで脇役で、登場する場面も少なめ。にもかかわらず抜群の存在感でした。読みごたえのある本格推理もの。

no-image

[]

[名短篇、ここにあり] 12人の作家による短編集。北村薫さんと宮部みゆきさんの編。積ん読していたけれどやっと読了しました。帯の「意外な作家の意外な逸品」というコピー通り、とても興味深い短編ばかりでした。

no-image

[]

[スペース:加納 朋子] 読了。日常に潜むささやかな謎と、秘められた想いがとても丁寧に、瑞々しく描かれていました。『ななつのこ』と『魔法飛行』に続く駒子シリーズ三作目。前二作と合わせて読むことをお勧めします。

no-image

[]

[Talkingアスカ:松村 栄子] 夫に勧められて読了。4本の短編集で、主人公は全部少女。作品毎に主人公の世代は違えど、リアルな乙女心が読みやすい文体で綴られていて、しかもテーマが奥深くて共感もできてしまう。とても素敵な作品に出会えました^^

no-image

[]

[悲しみの時計少女:谷山浩子] 復刊されていたので購入。久しぶりに、どっぷりと幻想的な世界に浸りました。

no-image

[]

[おかしな本棚] 本棚の本。ずらりと並んだ本の背表紙を見ていると、ふつふつと読書熱が沸き起こってくるから不思議。読み終えるのが勿体ないので、少しずつ大切に読んでます。