a2ko(@a2ko1970)

すきなものは、ワイン。チョコレート。読書。お買い物。どれも依存症気味です。

a2ko
a2koさんのよみつい
13件中 1-13件を表示

オレたちバブル入行組 [単行本]

池井戸 潤

文藝春秋 2004-12-10

この本のよみつい この本のamazon

[オレたちバブル入行組:池井戸 潤]バブル入社のアタシ達世代には、とっても面白かった~!やっぱり銀行って特殊なとこなんだなぁ。

ファントム・ピークス [単行本]

北林 一光

角川書店 2007-11-30

この本のよみつい この本のamazon

[ファントム・ピークス:北林 一光]夜、一人で起きて読んでると、ちょっと怖くなってソワソワしちゃう本でした。何か起こりそうな感じがずっとして。自然と人間の共存、人間の身勝手さを改めて考える本でした。

ピース [文庫]

樋口 有介

中央公論新社 2009-02-01

この本のよみつい この本のamazon

[ピース:樋口 有介]ラストは、うーんと唸りました。ミステリーではあるけれど、謎解きだけじゃない物語の深さがあったなぁ。そういうのって、罪ではないけど許せないものって、世の中にはたくさんあって。分かる気がしたなぁ。しばらくこの作者に、はまる予感。

アカペラ [文庫]

山本 文緒

新潮社 2011-07-28

この本のよみつい この本のamazon

[アカペラ:山本 文緒]中編3つ。どのお話もちょっと切ない。会話や心の動きは日常的で共感できるのに、ちょっとずれた非日常が切なさを感じるのかな。面白かった。

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb [文庫]

道尾 秀介

講談社 2011-07-15

この本のよみつい この本のamazon

[カラスの親指 by rule of CROW’s thumb:道尾 秀介]何度も作者に騙される感じ。なんとなく伏線に気付きつつ、そのさらに裏をかく、最後まで騙された~って感じで面白かったです。この人の本、5冊くらい読んだけど、裏切り方が好き♪

回廊亭殺人事件 [文庫]

東野 圭吾

光文社 1994-11-01

この本のよみつい この本のamazon

[回廊亭殺人事件:東野 圭吾]この本もらったので読みました。読んでる途中は面白かったのだけど、最後は、うーん。なんだかこじつけっていうか、自然に納得できない感じが・・・。

セカンドバージン [文庫]

大石 静

幻冬舎 2010-11-01

この本のよみつい この本のamazon

[セカンドバージン:大石 静]主人公の気持ちもに共感しつつも、バカっぽいけどしたたかな奥さんにも共感しちゃったなぁ。あの感覚わかる気がする。最後は、もうちょっと普通に終わってくれたら良かったのに。

ブルータスの心臓―完全犯罪殺人リレー [文庫]

東野 圭吾

光文社 1993-08-01

この本のよみつい この本のamazon

[ブルータスの心臓―完全犯罪殺人リレー:東野 圭吾] 素直に面白かった~。最近はあんまり推理小説は買わないようにしてるけど、やっぱりこの一気に読む感じ、好きだな。最後、!!!って感じだったし。

半落ち [単行本]

横山 秀夫

講談社 2002-09-05

この本のよみつい この本のamazon

[半落ち:横山 秀夫] 一気に読みました。ずっと最後まで謎だった空白、最後の最後で納得のラスト。最後の数ページでぎゅっと泣けました。

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣 [単行本(ソフトカバー)]

長谷部誠

幻冬舎 2011-03-17

この本のよみつい この本のamazon

[心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣:長谷部誠] 夫が買っていたので読んでみました。息子がこんな風に成長したら本当に嬉しいだろうなぁ。若いのに立派ですねぇ。私も日々自分と向き合わなきゃ~と思いました。現実逃避の日々。

きみはポラリス [文庫]

三浦 しをん

新潮社 2011-02-26

この本のよみつい この本のamazon

[きみはポラリス:三浦 しをん] 短編は嫌いなのに、、間違えて買ってしまった。お風呂でちょこちょこ読むのにはちょうど良かったけど。ちょっと不思議な恋愛小説集って感じ。もっと若かったら共感できるのかも(涙)

神様のカルテ [単行本]

夏川 草介

小学館 2009-08-27

この本のよみつい この本のamazon

[神様のカルテ:夏川 草介] 今読み終わりました。鼻水と涙でくしゃくしゃ。
死に際に大切さについて、自分の持ってる宿命のようなものについて、色々と考えさせられる本でした。2があるみたいだから読みたいな。櫻井翔君で映画化されたみたいだけど、あんまりイメージわかなかったなぁ。

フリーター、家を買う。 [単行本]

有川 浩

幻冬舎 2009-08

この本のよみつい この本のamazon

[フリーター、家を買う。:有川 浩]
ドラマは観てなかったけど、ドラマの配役を想像して読んじゃいました。有川浩って、本によってかなり雰囲気違うから面白いです。なんだか子供が成長したころ、鬱病になった自分を想像してちょっと怖かったです。