book
[私という運命について] Jun TATEYAMAさんのよみつい
1件中 1-1件を表示

[私という運命について:白石 一文]1/5読了。読んでる途中で年末年始をまたいでしまったせいか、全体的にぼやけてしまった印象。単純に私が男だからなのかもしれないけど、女性の複雑な心理は難しい。でも、運命っていうのは信じてます。