∵Hiromi(@163297)

Tokyo, JAPAN

京都生まれ、東京在住。ガンバ大阪 Gamba Osaka 、サッカー日本代表、ときどき海外ドラマ、etc. 心の赴くままにつぶやきます。

∵Hiromi
∵Hiromiさんのよみつい
297件中 161-180件を表示
no-image

[]

[原発ホワイトアウト:若杉 冽]いやもうこれはね、一国民としてもっとしっかりせねば、隣国の沈没事故等を他人事としていては今に、、って空恐ろしくなりますね?

この本の評価
no-image

[]

[負けない技術──20年間無敗、伝説の雀鬼の「逆境突破力」:桜井 章一]これは、麻雀がめっちゃ上手い人の自慢話とかじゃ決してなくて、今を生きる人に響く哲学書。結局のところ、究める人というのは、どの道の人でも共通点があるんですね?

この本の評価
no-image

[]

[ターミナルタウン:三崎 亜記]なんだろ?三崎さんらしからぬ安定感は?それとも私が三崎さんの作風に慣れてしまったんだろうか? 予定調和で普通に楽しめる作品。

この本の評価
no-image

[]

[サッカー選手の言葉から学ぶ成功の思考法2014 日本代表の選手たちが伝える、生き方を磨くための222のヒント:サッカーキング編集部]気持ちを高めたいときに、

no-image

[]

[バカボンのパパと読む「老子」 角川SSC新書:ドリアン助川]図書館で借りてきたけど面白そうなんで、購入決定!これでいいのだ。

この本の評価
no-image

[]

[パリわずらい江戸わずらい:浅田 次郎]この本を読んだ後思わずら浅田次郎さんの写真をぐぐってしまいました。そりゃそうです。関西で竹輪麩みたことないです。

この本の評価
no-image

[]

[ワールドカップがもっと楽しめるサッカー中継の舞台裏:村社 淳]随所に自慢話が散りばめられていることを差し引いても、フジテレビのサッカー中継が、どのような見方で、どんな人がどのように関わって作られてきたのかがわかるという意味で読んでみる価値はある。

no-image

[]

[日本力:松岡正剛]実に面白い。さあ、「手のひらから生み出すことのできる日本」をつくろう! ものに生命を与える日本人!いいんじゃない?

この本の評価
no-image

[]

[ちいさなちいさな王様:アクセル ハッケ]あ、そこにいた!って、夜中に1人でリビングでくつろいでたら見つけてしまうんじゃないかと、思ってしまいますね、、

この本の評価
no-image

[]

[みちこさん英語をやりなおす:益田ミリ]言葉は文化だ、とよく言われるけど、この本は、まさに語学を学ぶと言うことはどういうことなのか、の、とっかかり。英語を学ぼうとしてるのにいつのまにか日本語を再認識することになってるのが面白い。

この本の評価
no-image

[]

[とまらない:三浦 知良]カズがカズであり続ける理由。生き方のヒント。心に残る名言。たくさんの要素がこの本には詰まってるね。

no-image

[]

[サッカー界のぶっちゃけ話:城 彰二]引退した今だから言える と言う城さんのぶっちゃけ話。話のネタに、

この本の評価
no-image

[]

[まほろばの王たち:仁木 英之]まるでマンガを読んでるかのように情景が目に浮かんできます。映画化あるいはドラマ化、あるいは漫画化されそうな予感も。むかぁし、むかぁしの奈良のお話。

この本の評価
no-image

[]

[アンダー・ザ・ドーム 4:スティーヴン キング]状況説明に終始した1、2巻、転がり出した3巻を忍耐強く読み通した人だけが味わえる結末。なるほどねー、スピルバーグがドラマ化するわけです。でもドラマのセカンドシーズンは、どんな風になるのかしら?

この本の評価
no-image

[]

[アンダー・ザ・ドーム 3:スティーヴン キング]長い長い前置きが終わり、ようやく話が動き出す。動き出したところで続きは第4巻へ。

この本の評価
no-image

[]

[アンダー・ザ・ドーム 2:スティーヴン キング]ビッグジムほんまに腹立つ!にしてもこの小説はもうちょっと推敲すれば1/3のボリュームにできるね? スティーブンキングの小説って全部こんな感じなの?

この本の評価
no-image

[]

[アンダー・ザ・ドーム 1:スティーヴン キング]ドラマのシーズン2が待ちきれず読み出したけど、ストーリーがちょっと違う。少なくとも私の好みではない。

この本の評価
no-image

[]

[だれでもわかる居酒屋サッカー論 日本代表戦の観戦力が上がる本:清水 英斗]この手の本は好き嫌いがあると思うけど、W杯に向けてのブラジルプチ情報やツンさんとの対談もあり、あーだーこーだと居酒屋で話すときの肴としてもいいんじゃない?

この本の評価
no-image

[]

[サッカーは最初の5分を見よう: 永遠に楽しめる観戦のツボ60:後藤 健生]TV観戦ではわからない、スタジアム観戦すればこそのサッカーの楽しみ方。なるほど!いやそうじゃなくて!というところもあり。とにもかくにもスタジアムへ行こう!

この本の評価
no-image

[]

[英国一家、日本を食べる:マイケル・ブース]著者が言ってるように家族と一緒に来たからこそ感じられたものも多いはず。とにかく「壬生」が気になって気になって、、、、

この本の評価