∵Hiromi(@163297)

Tokyo, JAPAN

京都生まれ、東京在住。ガンバ大阪 Gamba Osaka 、サッカー日本代表、ときどき海外ドラマ、etc. 心の赴くままにつぶやきます。

∵Hiromi
∵Hiromiさんのよみつい
297件中 181-200件を表示
no-image

[]

[勝利のルーティーン 常勝軍団を作る、「習慣化」のチームマネジメント:西野 朗]遅ればせながら読み終えました。色んなところで、懐かしさがこみあげてきます。

この本の評価
no-image

[]

[ココロのはなし:堂本 剛]番組を見たことはないけど、甲野さんがTwitterでつぶやいたはったので、読んでみました。もっともっと、続きが読みたくなりました。堂本剛さんのファンでなくとも一読の価値あり。

この本の評価
no-image

[]

[体を壊す13の医薬品・生活用品・化粧品:渡辺 雄二]気になる方は読んでみてください。そして、これを鵜呑みにするべきか否か、自分で判断しないといけませんね。できるできないは、それからだ!

no-image

[]

[それでもわたしは山に登る:田部井 淳子]
登山家としてあまりにも有名な田部井さんの生き方、本当に潔くて逞しい。私にも学べる部分はたくさんある。「目の前にある今を精一杯すごすことが私の歴史になってゆく。」名言。

この本の評価
no-image

[]

[じゃっで方言なおもしとか:木部 暢子]「方言でしか絶対に表現できない世界があるのです。」ほんに、その通りです。ニホンゴ、深いです。

no-image

[]

[(019)日本人と神様:櫻井治男]日本人のDNAに深く刻み込まれている神様の存在。意識するしないにかかわらず、日本人のそばにはいつも神様が。神様との緩やかな繋がりこそ、唯一無二の絶体神を崇めるキリスト教やイスラム教との違い。

no-image

[]

[戸越銀座でつかまえて:星野博美]ご近所に住まわせてもらってる好みで、読みました。自分と考え方も環境も違うけどたまたまご近所さんだという著者の作品を読むことでまた世界が広がりました。

no-image

[]

今日の一冊は、コレ! [ルポ MOOC革命――無料オンライン授業の衝撃:金成 隆一]あぁもしかして私、時間を無駄に過ごしてない?無料で学べる環境揃ってるのに、、って少々焦らされる一冊。

この本の評価
no-image

[]

[世界をひとりで歩いてみた――女30にして旅に目覚める:眞鍋かをり]いい思い出もアレな思い出も。自分が旅に出た時と比較しながら読みました。旅のカタチは十人十色。

no-image

[]

[死ぬまでに行きたい! 世界の絶景:詩歩]これまでに行ったことのあるところも数箇所あったけど、ほんとに死ぬまでに全部見に行けたらイイね

no-image

[]

[世界から猫が消えたなら:川村 元気]お母さんとの温泉のくだりは、泣きました。

no-image

[]

[大人の漢字教室:山口 謠司]一は、1ではなくて、大地のこと。へえーーー。漢字の中には、古代中国の人々の世界観が!って、これ一つ一つ勉強してたらキリないな、と思った次第。漢字は深い。

この本の評価
no-image

[]

[内澤旬子のこの人を見よ:内澤 旬子]特別というわけではないけれど、見てるとちょっと笑える?人々101名!読んでいるうちに著者が面白がる基準がだんだんと見えてきました、、

この本の評価
no-image

[]

[一流のリーダーたちから学ぶ勝利の哲学 今すぐ実践したい指導の流儀:長谷川健太]どうすれば勝てるか?ということを色んな分野の第一人者に聞いた対話集。指導者じゃない私にも生かせるところはありそうです。

この本の評価
no-image

[]

[イモトアヤコの地球7周半:イモト アヤコ]まあ、とにかく、行ってみようよ、やってみようよ!悩んでないで勇気を出して、前へ進もう!と、ポジティブになれる本。

この本の評価
no-image

[]

[とっぴんぱらりの風太郎:万城目 学]読みましたよ。ええ、三晩かけて読み切りましたとも。これはね、大河ですね?映画や民放のドラマワンクール分では、無理ですね?
しかしまぁー、万城目さんの作品って、だんだん長くなってません?

no-image

[]

[女の由来―もう1つの人類進化論:エレイン モーガン]随分前に書かれた本だけどその存在を最近知った。人間の進化について一般的に唱えられてるのは男性目線での話。女性目線で考えてみたらどうなるか?それは読んでみてのお楽しみ。

この本の評価
no-image

[]

[本当は怖い宇宙のはなし ---宇宙旅行に出かける前に読んでおく本!]宇宙旅行へ行く予定がある人、余命が数億年以上ある方 w は、絶対読んどいたほうがいいです。

この本の評価
no-image

[]

[おしかくさま:谷川直子]文体はちょっと前から流行りのやつ?(^^;; とはいえ、あっという間にどんどん読みすすめられる。ありそうで、なさそうで、その微妙なところが、絶妙〜!

この本の評価
no-image

[]

[迷惑な進化―病気の遺伝子はどこから来たのか:シャロン モアレム]遺伝子がどうのこうの、進化がどうのこうの、という難しそうな内容を門外漢にもわかりやすく平易な文章で書いてくれてるので、実にわかりやすくてオモシロイ!

この本の評価