みんなのよみつい

四度目の氷河期 [文庫]

荻原 浩

新潮社 2009-09-29

この本のよみつい この本のamazon

[四度目の氷河期:荻原 浩]10/20読了。クロマニヨン人から生まれた、ってそんなSFっぽい話を書く人だっけ?と読み進めていくと、なるほどなと思った。主人公を取り巻く人々がほんとに素敵な人ばかりで、お互いの距離感もなんかいい感じ。読後の清々しさがなんとも言えない良書。

Jun TATEYAMA(@_apojun_) この人のよみつい

四月になれば彼女は [単行本]

川村 元気

文藝春秋 2016-11-04

この本のよみつい この本のamazon

[四月になれば彼女は:川村 元気]今どきの 今風だなあ〜 50年後に読んだ人はどう思うかなあ?

∵Hiromi(@163297) この人のよみつい

月は幽咽のデバイス [文庫]

森 博嗣

講談社 2003-03-14

この本のよみつい この本のamazon

[月は幽咽のデバイス:森 博嗣]10/13読了。シリーズ物を途中から読むという失態。登場人物の名前も変に凝ってるし、最初からマイナスイメージを持ったまま読んでしまった。ミステリーとしてのトリックは意外性もあったけど、最初のマイナスを取り返すまでには至らなかった。シリーズ物は要注意

Jun TATEYAMA(@_apojun_) この人のよみつい

夢Q夢魔物語:夢野久作怪異小品集 [文庫]

夢野 久作

平凡社 2017-07-12

この本のよみつい この本のamazon

[夢Q夢魔物語:夢野久作怪異小品集:夢野 久作]読了。こっちも初・夢Q作品。すごかった。次はドグラマグラだな。

ぐらぐら(@grasgrasgras) この人のよみつい

ねこのおうち [単行本]

柳 美里

河出書房新社 2016-06-17

この本のよみつい この本のamazon

[ねこのおうち:柳 美里]読了。初・柳美里作品、良かった。人間もネコも、死ぬし老いるのだよなあ。

ぐらぐら(@grasgrasgras) この人のよみつい

大統領特赦〈下〉 [文庫]

ジョン グリシャム

新潮社 2007-02

この本のよみつい この本のamazon

[大統領特赦〈下〉:ジョン グリシャム]10/6読了。下巻になって主人公が追われる展開に。追手から逃げるところの描写はバイオレンス感がなくひりひりした緊迫感に満ち溢れている。ラストに何かどんでん返しがあるかと思ったけど、なんかしんみりした感じで終わったのもまたグリシャムらしいかも

Jun TATEYAMA(@_apojun_) この人のよみつい

[単行本]

朝井 まかて

新潮社 2016-03-22

この本のよみつい この本のamazon

[眩:朝井 まかて]読了。ある意味ラッキーだったのは、自分に全く予備知識が無かったという事。そんな訳で、作中登場する作品の数々を検索しながら二重に楽しめた。特に「夜桜美人図」初見時の感動たるやーーお栄さんの作品が自分の想像を遥かに超えモダンであった事もその大きな理由だと正直思う。

源(@wu_st) この人のよみつい

大統領特赦〈上〉 [文庫]

ジョン グリシャム

新潮社 2007-02

この本のよみつい この本のamazon

[大統領特赦〈上〉:ジョン グリシャム]10/2読了。誰かに暗殺させるために恩赦を出して釈放させられるといういかにもなストーリー。まだ釈放された主人公の身辺には大きな動きが無いが、伏線はいっぱいはられているので下巻でどう展開するかがとても楽しみ。

Jun TATEYAMA(@_apojun_) この人のよみつい

星の子 [単行本]

今村夏子

朝日新聞出版 2017-06-07

この本のよみつい この本のamazon

[星の子:今村夏子]読了。実家のS県S市に住んでいた頃の話ですが、選挙で某宗教法人団体を母体とした政党の立候補者ポスターが張り出されると、1日で消えるんです。正確に言うとカッターなどの刃物でポスターの上下僅かな部分を残してスパッと切り取られるのです。見せしめの為なのでしょうか…?

源(@wu_st) この人のよみつい

パーマネント神喜劇 [単行本]

万城目 学

新潮社 2017-06-22

この本のよみつい この本のamazon

[パーマネント神喜劇:万城目 学]なんやろ?なんか既読感。 こう言う本、前に読んだ気がする。うーんなんか微妙

∵Hiromi(@163297) この人のよみつい

エヴリシング・フロウズ [単行本]

津村 記久子

文藝春秋 2014-08-27

この本のよみつい この本のamazon

[エヴリシング・フロウズ:津村 記久子]読了。ヒロシの成長が成長してる。良かった。これで、津村作品(小説)はコンプリート!

ぐらぐら(@grasgrasgras) この人のよみつい

暮らしのヒント集 [単行本]

暮しの手帖編集部

暮しの手帖社 2009-04-03

この本のよみつい この本のamazon

[暮らしのヒント集:暮しの手帖編集部]読了。「203 自分あてに手紙を書きましょう。思い切りほめてあげましょう。そして、返事を書きましょう。」これは怖い。

ぐらぐら(@grasgrasgras) この人のよみつい

風が強く吹いている [文庫]

三浦 しをん

新潮社 2009-06-27

この本のよみつい この本のamazon

[風が強く吹いている:三浦 しをん]9/25読了。久々に先を読み進めたくなった本。半分くらいで予選会が始まるまでは、まさか箱根まではと思っていたけど、箱根を走って初めて成立するお話でした。現実にはありえないんだろうけど、不自然さを感じることなく、ただただ応援したくなりました。

Jun TATEYAMA(@_apojun_) この人のよみつい

犬は勘定に入れません 上―あるいは、消えたヴィクトリア朝花瓶の謎 (1) [文庫]

コニー・ウィリス

早川書房 2009-04-28

この本のよみつい この本のamazon

[犬は勘定に入れません:コニー・ウィリス]スラップスティックSFは大好物なんですがこれは違います。とにかく説明しない、人の話を聞かないという複数の登場人物が無駄にお話を混乱させます。ドタバタを演出するために無理やり混乱させているのが見え見えでイライラしました。

さわわ(@sawawa9)
この本の評価
この人のよみつい

つづきの図書館 [単行本]

柏葉 幸子

講談社 2010-01-15

この本のよみつい この本のamazon

[つづきの図書館:柏葉 幸子]面白かったです。主人公は40代バツイチの女性で人づきあいが苦手、面倒事と手を切りたくて積極的に不思議を解決しようとする、どこにで居そうなタイプ。ばっちり感情移入しちゃいました。w とても優しい、そして、なんだかがんばろうと思えるお話でした。

さわわ(@sawawa9)
この本の評価
この人のよみつい

開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― [文庫]

皆川 博子

早川書房 2013-09-05

この本のよみつい この本のamazon

[開かせていただき光栄です:皆川 博子]表紙絵のような、お耽美グロを期待してたけど、登場人物が死体に学術的興味しかないので全くグロく感じませんでした。コミカルミステリーぽく感じましたが推理できるようなお話の展開でもなく、非常に物足りなく感じました。

さわわ(@sawawa9)
この本の評価
この人のよみつい

その犬の歩むところ [文庫]

ボストン テラン

文藝春秋 2017-06-08

この本のよみつい この本のamazon

[その犬の歩むところ:ボストン テラン]読了。作中、犬種はもとよりほとんど特徴的な事には触れられてないのだけど、多分GIVは表紙の写真が無くてもラブラドールレトリバーもしくはロットワイラーみたいな垂れ耳の中大型犬をイメージして読んでいたと思う。著者の犬への偏愛が伝わってくる作品。

源(@wu_st) この人のよみつい

ベター・ハーフ [文庫]

唯川 恵

集英社 2005-09-01

この本のよみつい この本のamazon

[ベター・ハーフ:唯川 恵]9/12読了。幸いなことに、これといったトラブルもなく結婚生活を維持できてきた身としては、こういう結婚生活のごたごたがテーマの話には感情移入できないのだが、こういう結婚の形もあるんだなと勉強になった一冊でした。主人公の残りの人生、幸せであってほしいな。

Jun TATEYAMA(@_apojun_) この人のよみつい

「死ぬ瞬間」をめぐる質疑応答 [文庫]

エリザベス キューブラー・ロス

中央公論新社 2005-10-01

この本のよみつい この本のamazon

[「死ぬ瞬間」をめぐる質疑応答:エリザベス キューブラー・ロス]思ってた内容と違うぞ、これ。

ぐらぐら(@grasgrasgras) この人のよみつい

カソウスキの行方 [単行本]

津村 記久子

講談社 2008-02-02

この本のよみつい この本のamazon

[カソウスキの行方:津村 記久子]図書館で借りて読了。短編3作、どれも良作。

ぐらぐら(@grasgrasgras) この人のよみつい